調査リポート
» 2014年03月04日 15時14分 UPDATE

年配層が「スノーボード」に興味増――ソチ オリンピック

2月23日に閉幕したソチ オリンピックで興味を持った競技は何ですか? 日本がメダルを獲得した競技には注目が集まったようだ。ビデオリサーチ調べ。

[Business Media 誠]

 2014年2月23日に閉幕した「ソチ オリンピック」。日本は金メダル1つ、銀メダル4つ、銅メダル3つの8メダルを獲得した。閉幕後にビデオリサーチが実施した意識調査によれば、今回のオリンピックによって興味が増した競技は「スノーボード」だった。

 ソチ オリンピックで活躍したと思う選手やチームを尋ねたところ、トップはフィギュアスケート男子の羽生結弦選手(78.3%)。2位にはスキージャンプの“レジェンド”こと葛西紀明選手(76.9%)、3位にはスキージャンプ団体チーム(51.9%)が入った。

 また、メダルを獲得したスノーボードの平野歩夢選手(50.4%)、平岡卓選手(39.6%)、竹内智春選手(35.9%)や、スキー・ノルディック複合の渡部暁斗選手(39.2%)などもトップ10に入っている。

ソチオリンピックで活躍したと思う選手・チーム ソチオリンピックで活躍したと思う選手・チーム(出典:ビデオリサーチ)

50代、60代が「スノーボード」に興味を持つ

 オリンピックの結果、以前よりも興味が増した競技を尋ねたところ、「スノーボード全般」がトップだった。特に、50代や60代といった、どちらかといえばスノーボードと縁が遠かったであろう層で大きな伸びを見せた。

ソチオリンピックによって以前よりも興味が増した競技 ソチオリンピックによって以前よりも興味が増した競技(出典:ビデオリサーチ)

 インターネットを使った調査で、全国の15〜69歳の男女1098人から回答を得た。調査期間は2014年2月24〜25日。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -