調査リポート
» 2014年02月25日 15時30分 UPDATE

学生と主婦への普及が進む:スマホの所有率、女性が男性を上回る

急激に普及が進んでいるスマートフォンだが、個人での所有率は半数を超え、男性よりも女性の方が所有率が高いのだという。VRI調べ。

[池田憲弘,Business Media 誠]

 昨今、スマートフォンやタブレットの普及が進んでいるが、ビデオリサーチインタラクティブ(VRI)が行った調査によると、個人所有率は半数を超え、54.0%に達したという。一方、フィーチャーフォンの所有率は41.9%と、スマートフォンとの差が12.1ポイントに広がっている。

photo スマートフォン、携帯電話/PHS(フィーチャーフォン)の所有率の推移。2013年8月の調査でスマートフォンとフィーチャーフォンの所有率が逆転し、その差が広がっている(出典:VRI)

 男女別でスマートフォンの所有率を比較すると、女性の所有率(54.4%)が男性(53.7%)をわずかに上回った。年代別では年齢が高くなるごとに所有率が下がる傾向にあるが、女性の10代(15〜19才)と20代は80%を超える高い数値が出ており、若年層では特に女性のほうがスマートフォン所有率が高い様子がうかがえる。

photo 性別、年代別でのスマートフォン/フィーチャーフォンの所有率。特に10代、20代の女性はスマートフォンの所有率が高い。昨今は販売している携帯電話がほぼスマートフォンであることも理由の1つと考えられる(出典:VRI)
photophoto 2013年8月度(左)と2014年2月度(右)におけるスマートフォンの職業別所有率。有職者においては男女間にあまり差がない半面、学生では女子の所有率が2013年2月以降大きく伸びている。主婦の所有率も順調に伸びており、50%近くまで達している(出典:VRI)

タブレットの所有率もじわじわと上昇

 一方、タブレット端末の所有率も徐々に上がっている。調査を開始した2011年8月時点での所有率は4.5%だったが、今回2月に行った調査では16.3%となった。男女別では男性(20.2%)の方が女性(12.1%)より普及率が高く、特に40代の男性(22.9%)が最も高いという結果になった。

photo タブレット端末の所有率の推移。2011年8月から調査を始めているが、半年ごとに約2〜3ポイント上昇し続けている(出典:VRI)
photo 性別、年代別では40代の男性が最も所有率が高い(出典:VRI)

 インターネットによる調査で、15才〜69才の男女2万1776人が回答した。調査期間は2014年2月7日から2月11日。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ