連載
» 2014年02月20日 08時00分 UPDATE

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:マー君の年俸22億円、ヤンキースの巧妙なる錬金術 (1/4)

田中将大投手と7年総額158億円の大型契約を結んだニューヨーク・ヤンキース。なぜ、ヤンキースはいとも簡単に巨額な資金をねん出できるのか?

[臼北信行,Business Media 誠]

 海の向こうでも旋風を巻き起こせるか。ヤンキースに入団した田中将大投手がフロリダ州タンパでキャンプインした。連日、日米の多くのメディアに囲まれ、その存在感を示している。メジャーリーグの名門球団と7年総額1億5500万ドル(約158億円)でサインし、初年度から年俸2200万ドル(約22億円)という超破格の契約を結んだことで、開幕を前に早くから注目の的だ。

 それにしても驚きなのは、ヤンキースがこれだけのカネをいとも簡単にねん出できてしまうことである。いや、ヤンキースだけではない。田中の争奪戦に加わったカブスやドジャースなど複数のメジャー球団も結果的にヤンキースには及ばなかったものの「少なくとも総額1億ドル(102億円)以上の契約で話を進めようとしていた」という。

yankees ニューヨーク・ヤンキース公式サイト

田中の年俸22億円は、日本球団の平均年俸総額に匹敵

 これだけの契約資金をポンと用意できるメジャー球団。「日本のプロ野球と違って何かカラクリでもあるんじゃないのか」と疑念を抱く人はきっと多くいるに違いない。

 実を言うと、メジャーリーグの球場命名権(ネーミングライツ)や看板などの球場広告費、スポンサー契約料は、日本とケタが違う。これらの収入を合わせ、多少の差はあれどもメジャーの大半の球団が、毎年2000万ドル(約20億円)前後をコンスタントに稼ぎ出す。

 ちなみに、田中の今季年俸「22億円」は日本のプロ野球12球団のチーム平均年俸総額に匹敵する額。このように比較すると余計に目を丸くしてしまうが、特にヤンキースは「22億円」を簡単に凌駕(りょうが)する年間収入を前出の年間予約席を含めた入場料収入とスポンサー契約料、球場広告費によって得ている。

 「ヤンキースタジアムにはネーミングライツがないものの球場広告費がべらぼうに高く、加えてヤンキースとのスポンサー契約料も他球団と比べて破格。デルタ航空やアディダス、アウディ、トヨタなどの大手スポンサー企業から得る収入は当然大きい。球場広告費と合わせた収入は、多いときに年間で1億ドル(約100億円)を超える」(メジャー関係者)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集