コラム
» 2014年02月14日 08時00分 UPDATE

編集長ヨシオカのドバイレポート:アラビア半島にはランドクルーザー「しか」走っていない砂漠があった (1/2)

大金持ちがたくさんいる国、ドバイ。きっと街を走るのはBMWやフェラーリなどが多いのだろうと思いきや、実は日本車だらけなのだ。さらに「ランドクルーザー率100%」という場所がある。それは……。

[吉岡綾乃,Business Media 誠]

 ドバイ観光の定番と言えるのが「デザートサファリ」と呼ばれる砂漠ツアー。今回私も参加したのだが、そのときちょっと面白い光景を見かけたのだ。

ドバイを走るクルマは日本車だらけ

 今回ドバイに行って驚いたことの1つが、街を走るクルマの日本車率の高さだ。

 まず、空港に到着した我々を迎えに来てくれたホテルのクルマはレクサスだった。道路を走りながら周りを見てさらにびっくり。割合としては、レクサス、レクサス、レクサス、トヨタ、トヨタ、日産、三菱……といった感じだろうか。なにしろ、とにかく、日本車が多い。

 現地に着くまでは「ドバイはお金持ちが多いから、きっとBMWとかフェラーリとかがたくさん走っているんだろうなぁ」などとなんとなく思っていたのだが、ここでは高級車というとまずレクサスなのだろうか。日本人としてはちょっと、いや、かなりうれしかった。

砂漠で見かけたクルマはすべてランドクルーザーだった

 さて、冒頭に書いたデザートサファリ。複数の旅行会社が扱っているが、大体の流れはほぼ同じだ。

 夕方、ホテルに客をピックアップする送迎車がやってくる。クルマは客を乗せて街を抜け、郊外のガソリンスタンドへ。ここでクルマを乗り換え、いよいよ砂漠に向かうのだが、このとき乗り換える車が“すべて”、トヨタのランドクルーザーなのだ。

ay_land01.jpg 郊外のガソリンスタンドでクルマへ乗り換える。目視確認できなかったのだが、ガソリンは安く、1リットル40円くらいなのだそう

 ランドクルーザーを運転するのは、砂漠専門のドライバー(ライセンスがあるのだそう)。砂漠に着くと、いったんクルマをおろされる。何をするのかなと思って見ていたら、タイヤの空気を抜いていた。これをしないと、タイヤが砂の中に沈んで走れなくなってしまうのだそうだ。

ay_land02.jpg 砂漠を走るためにタイヤの空気を抜く
ay_land04.jpg 目の前はこんな風景。うわ〜、アラビア半島の砂漠だ……
ay_land07.jpg ラクダがいて驚いた! このあたりのラクダはヒトコブらしい
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news121.jpg
需要拡大に対応:
news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
news065.jpg
赤坂8丁目発 スポーツ246:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -