コラム
» 2014年02月10日 08時00分 UPDATE

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:タクシーに乗ってみたら、高齢の運転手さんがマルチリンガルだった (1/4)

普段は外国人相手の観光案内が多いという運転手さん。前職では東南アジアを中心に日本企業の進出支援を手掛けていたそうですが、帰国後の転職市場ではその経験を持てあましてしまったと言います。

[サカタカツミ,Business Media 誠]

連載「就活・転職のフシギ発見!」とは?

 就活や転職、若年層を中心としたキャリアについて、仕事柄仕方なく詳しくなったサカタカツミが、その現場で起きている「当事者たちが気付いていないフシギ」について、誰にでもスルッと理解できるように解説するコラム。

 使えない部下が毎年出現するのはなぜなのか? その理由も、垣間見えるはずです。

著者プロフィール:サカタカツミ

 クリエイティブディレクター。1967年生まれ。長年、就職や転職、キャリアに関するサービスのプロデュースやブレーンを務めている関係で、就活や転職には詳しい。直近でプロデュースしたサイトは「CodeIQ」。著書に『こんなことは誰でも知っている! 会社のオキテ』『就職のオキテ』がある。

 個人的に書いている就活生向けのブログは、なぜか採用担当者たちから「読んでいて心が痛くなります。ホントにつらいです」という評価を受けている。Twitterアカウントは@KatsumiSakata


 以前、居酒屋で飲んでいると「なぜか」就職活動に関する話題で盛り上がっている学生と遭遇したり、裏原宿でカレーを食べていると「本当に偶然に」興味深い面接シーンに出くわしたりと、犬も歩けば棒に当たる状態で、この連載のネタに遭遇しているサカタカツミです。本日は、たまたま乗車したタクシーでの、ちょっとした話を。

タクシーの運転手さんの話は、キャリア論だった?

浅草

 何気なく乗ったタクシーのシート前のポケットには、たくさんのパンフレットが入れられてありました。よくある光景。減量を促す冊子をみてため息をついたり、経費節減のために秘書代行サービスを利用しましょうとお奨めしたりしているチラシに「秘書を雇わなければならないほど、忙しくなりたい」などと、いつも通り悪態をついていると「国際観光タクシー」なる紹介が。

 運転手さんに「これはどういうサービスですか?」と訪ねてみると、海外から観光に来た人に対して、日本語以外の言語がある程度できる運転手をアサインして、東京の観光に利用してもらうというサービスとのこと。「私も、今日は街を流していますが、普段は外国人に貸し切ってもらうことが多いです」と話が盛り上がってきました。

 「皆さん、語学が堪能(たんのう)ということですか?」と聞いてみたところ、「片言の英語だけという人が多いです。それでもまったくできないよりも、できるほうが役に立ちますし、外国人は安心できるはずですから」といいます。語学力そのものよりも「物怖じしない」、いわばコミュニケーション能力みたいなものが、外国人相手の観光タクシーの運転手には大切だ、というのです。

 「なるほど、タクシーの運転手さんも、当たり前のようにコミュニケーション能力が求められるのか」と、当然といえばそれまでのことに、私が勝手に感心していると、運転手さんがさらに興味深い話をしてくれました。それは、運転手さん自身の前職のこと。ずっとタクシーに乗っていて、語学力を磨いて、いまの仕事をしている、というわけではなかったのです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ