調査リポート
» 2014年02月04日 15時15分 UPDATE

転職に成功した人は何歳? ミドル層の転職が活発化

インテリジェンスが運営する転職サイト「DODA」は、同サービスを利用して転職した人の年齢を調査した。

[Business Media 誠]

 インテリジェンスが運営する転職サイト「DODA」は、同サービスを利用して転職した人の年齢を調査した。それによると転職者の平均年齢は、2008年1〜3月の28.9歳から右肩上がりで、2013年10〜12月には31.9歳と6年間で2.4歳上昇していることが分かった。

 転職者の年齢分布を見ると「25〜29歳」の割合が大きく減少しており、調査開始の2007年4〜9月の49.2%に比べ、2013年10〜12月は40.3%と、8.9ポイントも減少。一方、「40歳以上」の割合は2.5%から9.3%、「35〜40歳」も8.0%から14.3%と大幅に増加。2013年10〜12月には35歳以上の割合は23.6%と転職者の4分の1を占め、ミドル層の転職が活発化していることが見受けられる。

 ここ数年、企業がミドル層の採用に積極的になっているが、その背景にはどんなことがあるのだろうか。「世の中の変化に合わせて、新商品や新サービスの開発、場合によっては新たなビジネスやマーケットを開拓する必要に迫られている。今までのように、社内の人材や中途で採用したポテンシャルの高い若手層を育成する方法では、世の中の変化スピードに追いつくことが難しくなり、社外から高い専門スキルを持つミドル層を即戦力として採用するようになった」(DODA)

yd_inte1.jpg (出典:DODA)

転職前の業種・職種別

 転職した年齢を業種別(出身業界)でみると、最も平均年齢が高いのは「メディカル」で33.1歳。調査開始の2007年4〜9月の平均年齢と比較して3.0歳上昇した。次いで「建設/不動産」(32.2歳)は、2007年4〜9月と比較して+3.6歳と、最も年齢の上昇幅が大きい。一方、最も平均年齢が低いのは「小売/外食」の29.3歳で、若手の転職が活発なことがうかがえた。

yd_inte2.jpg (出典:DODA)

 次に職種別でみると、最も平均年齢が高いのは「技術系(建築/土木)」で36.0歳。2007年4〜9月の平均年齢と比較して+6.1歳と、上昇幅も最大。次いで「技術系(電気/機械)」(33.2歳)、「企画/管理系」(33.1歳)、「専門職系」(33.1歳)と専門性の高い職種やスキルを保有し、即戦力として採用されるケースの多い3職種が並んだ。一方、最も年齢が低いのは「販売/サービス系」(28.7歳)、次いで「営業系」(29.5歳)だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集