調査リポート
» 2014年01月23日 12時26分 UPDATE

働きがいのある企業はどこ? ヴォーカーズがランキングを発表

転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは1月22日、「働きがいのある企業ランキング2014」を発表した。

[Business Media 誠]

 転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは1月22日、「働きがいのある企業ランキング2014」を発表した。このランキングは企業リサーチサイト「Vorkers」に投稿された「社員による職場環境に関する評価点」を集計したもの※。その結果、「P&G」がトップになり、次いで「グーグル」「小松製作所」がランクインした。

※Vorkersに投稿されている8967社を対象に、8つの評価項目(待遇面、社員の士気、風通し、チームワーク、20代成長環境、人材の長期育成、法令遵守意識、評価の適正感)の合計値を集計した。
yd_work.jpg 働きがいのある企業ランキング(出典:ヴォーカーズ)

 P&Gとグーグルは総合点が高いものの、「人材の長期育成」のポイントがやや低い。小松製作所は全体的にポイントが高く、3位に食い込んだ。

 全体的な傾向として「20代の成長環境」のポイントが高い企業は、「人材の長期育成」が低く、逆に「人材の長期育成」のポイントが高い企業は、「20代の成長環境」が低い。「20代の成長環境」が高いのは外資系やクリエイティブ、新興企業が多いのに対し、「人材の長期育成」が高いのは国内でも歴史のある企業が数多くランクインした。

 官公庁・非営利のトップは「東京大学」、次いで「国税庁」「国際協力機構」という結果に。国税庁はやはり「法令遵守意識」のポイントが高い。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集