ニュース
» 2013年11月15日 08時00分 UPDATE

オタクの心をつかめ:オタクビジネスを成功させる「商品のストーリー性」とは (1/3)

2011年、ラーメン店「太陽のトマト麺」がアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とコラボしたキャンペーンを展開した。ストーリーに沿ったアイテムや場所などは作品のファンに受け入れられやすい。アニメ本編に登場した事実を商品へとつなぐのは「オタクビジネス」を成功させる1つのポイントなのだ。

[寺尾幸紘,Business Media 誠]

集中連載「オタクの心をつかめ」について

ks_book190.png

 本連載は寺尾幸紘著『オタクの心をつかめ 最強の購買欲を持つ顧客たち』(ソフトバンク新書)から一部抜粋、編集しています。

「オタク相手のビジネスはこうして展開せよ!」 

膨らみ続けるオタク市場。市場分析だけではない、具体的な成功や失敗例の解説も交え、すぐに応用可能なオタク相手のビジネスヒントを伝授します。「自分はオタクじゃないけど、オタク相手への商売はしたい」という人にオススメの1冊です。


商品のストーリー性を追求した「太陽のトマト麺」

 今回紹介するのは、東京都墨田区錦糸町に本店を構えるラーメン店「太陽のトマト麺」だ。太陽のトマト麺はおいしくてヘルシーをモットーにしたラーメン店で、2011年11月26日〜2011年12月25日の間『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』(※1)とコラボレーションしたキャンペーンを開催した。

※1:1995年に放送されて社会現象にもなったアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の新作。2007年9月1日に劇場公開された。14歳の少年少女たちが人造人間「エヴァンゲリオン」を操り、謎の敵「使徒」と戦うSFアニメ。


 「どんぶりを、君に」や「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:丼」とも呼ばれたこのキャンペーンでは『レイの豆乳パイタン麺(880円)』と『アスカのトマト麺(880円)』というラーメンが販売され、合計で3回ラーメンを食べると抽選で500名に特製の丼が当たり、先着1万名にクリアファイルがプレゼントされた。

ks_eva_taiyo01.jpg (太陽のトマト麺のWebページより ※キャンペーンは終了しています)

 店先のポスターやビラはエヴァンゲリオンらしい独特のフォントと文字で作られており、オタクなら一瞬で「エヴァ」だと気付く。ラーメンの器にも独特の赤と黒のデザインが施されており、側面には登場キャラクターである綾波レイと式波・アスカ・ラングレーが描かれ、底にはネルフ(作中に登場する組織)とトマト麺のロゴマークが組み合わさって「太トマのラーメンで皆にポカポカして欲しい」という文字が描かれていた。

 このキャンペーンが成功した一番の理由は、エヴァンゲリオンをテーマに選んだことだと思うが、ラーメンの色合いや具材はしっかりとキャラクターのイメージを創出できていたし、何よりアニメ本編中(TV版)にラーメンが登場していたという事実が大きい。

 私はこれを「商品のストーリー性」と呼んでいるが、作品のストーリーに沿ったアイテムやサービス、場所などはオタクにすんなりと受け入れられることが多い。アニメ本編に登場した事実を見逃さず、商品へと繋げることは「オタクビジネス」を成功させる1つのポイントである。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -