インタビュー
» 2013年11月13日 08時10分 UPDATE

これからの働き方、新時代のリーダー(後編):時代の空気を読めない男が、“ヒット作請負人”になれた理由 (1/5)

『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』といった漫画の編集を手掛けてきた、コルクの佐渡島さんはどのようにしてヒット作を生み出してきたのだろうか。その秘密を聞いたところ「自分は時代の空気を読まない」と意外な答えが返ってきた。

[土肥義則,Business Media 誠]

これからの働き方、新時代のリーダー:

 佐渡島庸平――。彼の名前が一般の人に注目され始めたのは、1年ほど前からだ。2012年10月、講談社を辞めて、エージェント集団「コルク」を設立。彼は『モーニング』の編集者として、たくさんのヒット作を世に送り出してきた。『バガボンド』『ドランゴン桜』『働きマン』『宇宙兄弟』といった漫画だけではなく、小説にも関わってきた。いわば“ヒット作請負人”として活躍してきたが、なぜ講談社を飛び出し、エージェントの道を選んだのだろうか。

 「エージェント」を直訳すると「交渉人」とか「代理人」という意味だが、中には「“中抜き業者”のことでしょ」と思っている人も多いだろう。わざわざ誤解を招きそうな言葉を使っているが、佐渡島さんは「編集者を辞めたわけではありません。作家側の人間になるために『エージェント』という立場にこだわりました」という。これはどういう意味なのか? 編集プロダクションやフリーの編集者とは何が違うのか? Business Media 誠編集部の土肥義則が聞いてきた。全3回でお送りする。

 →作家のエージェントって何? 『ドラゴン桜』『宇宙兄弟』の編集者に聞く(前編)

 →出版不況が続くのに、編集者が生き残るワケ(中編)

 →後編、本記事


プロフィール:

佐渡島庸平

 1979年生まれ。中学時代を南アフリカ共和国で過ごし、灘高校に進学。2002年に東京大学文学部を卒業後、講談社に入社し、モーニング編集部で井上雄彦『バガボンド』、安野モヨコ『さくらん』のサブ担当を務める。2003年に立ち上げた三田紀房『ドラゴン桜』は600万部のセールスを記録。小山宙哉『宇宙兄弟』も累計1000万部超のメガヒットに育て上げた。伊坂幸太郎『モダンタイムス』、平野啓一郎『空白を満たしなさい』など小説連載も担当。2012年10月、講談社を退社し、作家エージェント会社、コルクを創業。


時代の空気を読んでいない

土肥:佐渡島さんは講談社に10年間在籍され、漫画雑誌『モーニング』で『バガボンド』『ドラゴン桜』『働きマン』『宇宙兄弟』の編集に携われました。漫画だけではなく、伊坂幸太郎さんの『モダンタイムス』、平野啓一郎さんの『空白を満たさない』など小説の分野でも活躍されてきました。

 これまでたくさんのヒット作に関わってこられたのですが、ご自身で分析して、自分の強みは何だと思いますか。

佐渡島:私が編集に携わってきた作品って、時代の空気を読んでいないんですよ。

土肥:おお、それは意外な答えですね。ヒット作を評するときに「この作品は、時代にマッチしている」といったことをよく聞きますが、佐渡島さんが携われた作品はそうではないと?

佐渡島:はい。なので、連載がスタートしてもすぐに人気がでません。『ドラゴン桜』も『宇宙兄弟』もなかなか売れませんでした。でも編集している私は、チョー面白いと思っているんですよ。「こんなに面白い作品が売れないなんて、何かがおかしい」と(苦笑)。

 そして「これではいけない。なんとかしなければ」ということで、がんばります。どうやったら売れるのか、といったことを必死になって考える。3年くらい考えて、考えて、考えて……で、そのときにはだいたい“答え”が出ています。

土肥:漫画の世界って、競争が厳しいといったイメージがあります。2〜3年以内にある程度の結果を出さないと、打ち切りになってしまうのでは。

佐渡島:ある程度の結果が出ていなくても、「自分が楽しい。この作品は面白い」と感じることができていたら、がんばれます。そのとき「自分は面白いと思っているのに、どうして世間の人は分かってくれないのか」と思ってはいけません。悪いのは読者ではなく、編集している自分にある。伝え方にミスがあるはずなので、宣伝方法などで工夫したりしますね。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集