調査リポート
» 2013年10月23日 14時53分 UPDATE

炎上の認知率95%:SNSで困ったこと――申請してほしくない人から友達申請が来た

ネットユーザーのうち、約4割がトラブルに遭遇したり困ったりした経験があることが分かった。例えば、インターネットに依存しすぎて時間を浪費したり、SNS上で自分の悪口を書かれたりといったものだ。

[Business Media 誠]

 インターネット上で発生する“炎上”という出来事を知っている人は95%――MMD研究所が実施したインターネットトラブルに関する実態調査で明らかになった。2人に1人はインターネットを通じて“炎上”事案を知ったが、34.1%はテレビがそのきっかけだったという。

 インターネット利用において、トラブルに遭遇したり困ったりした経験がある人は約4割。具体的には「IDやパスワードを忘れてサービスが利用できなかった」(37.7%)、「迷惑メールが大量に送られてきた」(35.1%)、「インターネットに依存してしまい、時間を浪費してしまった」(18.4%)など。

経験したトラブル 経験したことがあるトラブルや困ったこと(出典:MMD研究所)

 また、ソーシャルネットワークサービス(SNS)に限定してみると、「友人申請などで、見知らぬ人から申請が来た」(55.2%)、「友人申請などで、申請してほしくない人から申請がきた」(54.2%)、「自分の悪口が書かれた」(26.0%)などの回答が寄せられた。

SNSトラブル 経験したことがあるSNSサイトのトラブルや困ったこと(出典:MMD研究所)

 インターネットを使った調査で、スマートフォンやPCでインターネットを利用している10代〜50代の男女1118人が対象。調査期間は2013年9月24〜26日。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -