調査リポート
» 2013年10月22日 13時03分 UPDATE

BtoCのスマホEC市場、2014年に2兆円を超える――矢野経済研究所予測

2013年の国内スマホEC市場規模は前年比159.4%となる1兆3469億円に達することが分かった。また、20代女性の約7割がスマホによるECを利用した経験がある。

[Business Media 誠]

 矢野経済研究所によると、2013年の国内スマホEC市場規模は前年比159.4%となる1兆3469億円に達することが分かった。2014年には2兆円を超える見込みだ。

 2012年の国内BtoCスマホEC市場規模は8450億円。2013年に1兆円を超えた後も堅調に成長し、2014年には前年比151.6%の2兆413億円、2015年は同130.7%の2兆6677億円になると予測する。

. 国内スマートフォン・コマース市場規模予測 国内スマートフォン・コマース市場規模予測(出典:矢野経済研究所)

 同社が全国の10代〜60代の男女スマホユーザー1000人を対象に実施した調査(インターネット調査、調査期間は2013年7月)では、スマホ経由のEC利用経験の比率が最も高かったのは「女性20代」(74.0%)、次いで「女性10代」(55.0%)、「男性30代」および「女性30代」(50.0%)だった。「女性20代」と比べると、同年代の「男性20代」は29ポイント下回っている。

. スマートフォン・コマースの利用経験 スマートフォン・コマースの利用経験(出典:矢野経済研究所)

 スマホの普及によって、オフラインの小売市場のEC化も進んでいる。同社ではスマホ普及のインパクトの1つを「これまであまりインターネットを積極的に使ってこなかったユーザー層が、その環境を手に入れること」と分析。ECサイトを構築する事業者が、PC向けサイトではなくスマホ向けサイトを優先して開発するケースが増加しているという。

 経済産業省などの資料を基に、PC経由での国内EC市場規模を試算すると約7兆円。また、物販系ECサービス事業者のデータを分析すると、モバイル端末経由での購買比率は平均20%前後であり、アパレル系ECに至っては30%を超える事業者も存在する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ