コラム
» 2013年10月16日 08時00分 UPDATE

マネーの達人:NISAにも活用! 四季報で優良企業を見つける3つのポイント (1/2)

2013年10月1日より、NISA口座開設の受付がスタートしました。「これをきっかけに投資を始めてみたいけど企業の選び方が分からない……」と悩んでいる人もいるでしょう。今回は投資の初級編として、優良企業を見つけるための最初に確認すべきポイント3つを紹介します。

[マネーの達人]
マネーの達人

 2013年10月1日より、NISA口座開設の受付が正式にスタートしました。そして「NISAをきっかけに、初めて株式投資をしてみたいが企業の選び方が分からない……」と悩んでいる人もいるでしょう。

 このようなときに役立つのが「会社四季報」です。

 その分厚さや、専門用語と数字のオンパレードに圧倒されて読むことをあきらめてしまう人も多いですが、優良企業を見つけるために最初に確認すべきポイントは3つに絞ることができるのです。これらをまず押さえることで、投資候補先を絞り込めるでしょう。

1.“ホント”のメイン事業は何か

 まず大切なポイントは「売上高・営業利益構成」です。

 知名度のある企業であればあるほど、イメージで語られてしまいがちです。例えば「ソニー」と言えば「電化製品」を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、近年は金融事業が、その利益を支えていることが鮮明になっています。

 企業名の横にある「連結事業」の欄を見てみると、「金融他23(15)」と記載されています。これは、売上高の23%を金融他が占めており、そのうち15%が営業利益になっていることを示しています。他事業の数字と比較すると、ソニーは金融事業部門に依存していることが一目で分かります。

 一方、「他」とついているため、金融事業単体が占める割合はここからはつかめません。こういうときは、企業HPに掲載されているIR情報にアクセスすると、詳細なデータを得ることができます。

 ソニーのIR情報を見てみると、以下のことが分かります。

ks_nisa01.gif

 図1のように、ソニーは金融事業が大きな柱となっていることが分かります(ソニーフィナンシャルホールディングスとして上場もしています)。

 このように、あなたが抱いているイメージと実態は異なっていることは珍しくありません。その企業を支えている“ホント”のメイン事業を確認し、その将来性を判断することが大切なのです。

       1|2 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集