連載
» 2013年10月04日 08時05分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:オリンピックが開催されても、鉄道網が整備されない理由 (1/6)

2020年東京オリンピックの開催決定で、交通インフラの整備が活気づく。しかしJR東海はリニア中央新幹線の前倒し開業を否定、猪瀬都知事も鉄道整備に消極的だ。オリンピックは鉄道整備の理由にならない。それは1964年の東京オリンピックの教訓があるからだ。

[杉山淳一,Business Media 誠]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。2008年より工学院大学情報学部情報デザイン学科非常勤講師。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP、誠Styleで「杉山淳一の +R Style」を連載している。


yd_sugiyama0.jpg オリンピックがなぜ鉄道整備に直結しなのいか

 東京オリンピックの開催決定は経済界にとっても良いニュースだった。オリンピック開催は、競技会場と都市基盤の整備を合わせて実施する例が多いからだ。鉄道に関しては、リニア中央新幹線、都心直結線、ゆりかもめ延伸などに期待の声が上がった。

 しかし、リニア中央新幹線はJR東海社長が前倒し開業は不可能と即座に否定。押上駅―東京駅―泉岳寺駅間を結ぶ都心直結線についても猪瀬都知事は否定的だ。猪瀬都知事は鉄道よりも首都高速の拡充と東京港新客船ターミナル構想に注目している。

 オリンピックがなぜ鉄道整備に直結しなのいか。それは1964年に開催された東京オリンピックの教訓があるからだ。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -