ニュース
» 2013年09月17日 14時30分 UPDATE

3Dプリンターを活用:Yahoo! JAPAN、検索結果から立体物を生成する「さわれる検索」プロジェクト

ヤフーは、次世代インターネットサービスのコンセプトモデル「さわれる検索」を発表。盲学校に3Dプリンタを組み込んだ「さわれる検索」マシンを設置した。新たな広告モデルの可能性も検証する。

[Business Media 誠]

 Yahoo! JAPANは9月17日、次世代インターネットサービスのコンセプトモデル「さわれる検索」を発表した。3Dプリンタを使い、音声入力で認識したキーワードから立体物を生成する。

さわれる検索マシン さわれる検索マシン(出典:Yahoo! JAPAN)

 従来のインターネットの利用スタイルは、文字や音声入力によって得られる情報を「見る」か「聞く」ものだった。新コンセプトでは、データベース内に3Dデータを持ち、検索結果を立体化して「触る」ことが可能になる。

 また同社では、コンセプトを「さわれる検索」プロジェクトとして具現化し、「さわれる検索」マシンを筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)に導入した。すでに9月4日には同校で特別授業を実施したほか、9月20日〜10月18日までの約1カ月間は生徒が自由に体験できるという。その後、このマシンは有効活用できる機関に寄贈する予定だ。

 なお、このプロジェクトを充実させるには、より多くの3Dデータの蓄積が不可欠。プロジェクトサイト上(参照リンク)で、盲学校の生徒が「さわりたい」と思っているものを中心に企業や一般ユーザーからの3Dデータの募集を行う。アップロードされた3Dデータの一部は、一般ユーザーもダウンロードできるようにする。

さわれる検索プロジェクト さわれる検索プロジェクト(出典:Yahoo! JAPAN)

 さらにYahoo! JAPANでは、「さわれる検索」コンセプトを新たな広告表現の可能性ともとらえている。例えば、映画の告知プロモーションと連動して主人公フィギュアを配布したり、新車の3Dデータを公開して360度余すことなく見られるようにしたり、スマートフォンの新機種発売に合わせたスマホカバーのデータサンプリングを実施したりといった具合だ。

さわれる検索広告さわれる検索広告さわれる検索広告 さわれる検索と広告展開イメージ(出典:Yahoo! JAPAN)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集