コラム
» 2013年09月16日 07時00分 UPDATE

消費者理解コトハジメ:「ジブリ男子」ってどんな人?――データから見るペルソナ図鑑 (1/3)

スタジオ・ジブリの映画「風立ちぬ」はもう観ましたか? 最近では、宮崎駿監督がこの作品を最後に長編アニメの制作からは引退するというニュースがありましたが……。そこで今回は、スタジオ・ジブリ作品ファンの男性について見てみることにしました。

[大久保惠司,Business Media 誠]
誠ブログ

 スタジオ・ジブリの映画「風立ちぬ」はもう観ましたか? この作品がベネチア映画祭に出品された際、宮崎駿監督がこの作品を最後に引退するというニュースが流れてきました。びっくりした人、「ああ、またか」と思った人、それぞれの反応があったと思います。でも、先日記者会見を開き「今回は本気です」と語ったところを見ると、今までとは違うかも、と思った人も多かったのではないでしょうか。

 宮崎駿監督は、1984年公開の映画「風の谷のナウシカ」で注目されて以降、スタジオ・ジブリを設立。その後公開された「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」は発表時の興行収入こそふるわなかったようですが、発表してしばらく経ってから人気が急上昇。その後、「魔女の宅急便」以降の作品は、興行的にもヒット作を連発しています。

 引退会見の記事を見ていると、引退するのは長編アニメということで、創作活動の継続については静かに意欲を語っています。最も印象的だったのは「やりたいことはあるんですけれども、やれなかったらみっともないからいいません。それから僕は、文化人になりたくないんです。僕は町工場のおやじ。それを貫きたいと思っています。文化人ではありません」という言葉です。宮崎駿さんらしいと思ったし、とても共感しました。

 と、言うわけで、今回はスタジオ・ジブリ作品ファンの男性について見てみることにしました。

ジブリ作品を好んでいる男性

 シングルソース・消費者パネル「ぺるそね」※では、3万人の150問にわたるアンケートデータが登録されています。その中には好きなアニメ作品という項目もあり、そこには、スタジオ・ジブリの作品も入っています。「となりのトトロ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「天空の城ラピュタ」「風の谷のナウシカ」「魔女の宅急便」です。

※シングルソース・消費者パネル=同一のサンプルから多様な情報を採取した消費者データのことで、多数の項目を組み合わせたクロス集計が可能。

※ぺるそね=約3万人の消費行動データをもとに、ターゲットとなる人々のライフスタイルを読み解けるナレッジベースサービス。データは2012年6月調査のもの(n=3万1444)。

参考:消費者パネル・シングルソースデータ系サービス 調査のチカラ


 それでは、ジブリ作品を好きな男性を探してみましょう。検索条件は、性別は男性、「ぺるそね」に登録されているすべてのジブリ作品にチェックを入れている人、としました。この条件で検索すると該当者が590人います。この590人を「ジブリ男子」と定義し、男性全体(1万5269人)と比較してみました。

 年齢は男性全体よりやや若く、そのため既婚率や有子率、平均世帯年収ともに男性全体よりやや低くなっています。年代は幅広いのですが、30〜34歳と50代がやや高くなっています。

 世帯年収は平均は男性全体よりやや低いものの、500〜600万円がトップボックスでした。男性全体のトップボックスは300〜400万円ですので、これよりも高くなっています。平均世帯年収が低いのは800万円以上の高額世帯の比率がやや低いことが要因と考えられます。

 お小遣いの平均もやや低く出ていますが、トップボックスは3万〜5万円で男性全体と同じ傾向です。職業を見てみると、男性全体と大きな変わりはないため、暮らし向きは現時点での中流層の人たちと言えそうです。

ks_jiburi01.gif
       1|2|3 次のページへ
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -