連載
» 2013年09月16日 07時00分 UPDATE

英会話は伝え方で9割決まる:カジュアルに「へーき!」と英語で言えますか? (2/2)

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

電話に出るとき

日本人の惜しい英語

  • I’m Hiroshi.

 ヒロシです。

もっと伝わる英語

  • This is Hiroshi.

 はい、ヒロシですが。

セイン先生からのアドバイス

ネイティブのお決まり表現。電話では、I’m Hiroshi.ではなく、This is Hiroshi.と言うのが自然です。直接人と会うときは、I’m Hiroshi.と言って自己紹介します。


「うっかり」を軽いニュアンスで言いたいとき

日本人の惜しい英語

  • I forgot about it.

 忘れてました。

もっと伝わる英語

  • It slipped my mind.

 うっかりしていました。

セイン先生からのアドバイス

「覚えていたはずなのに、うっかりしてしまいまして」と言うときには、ネイティブならIt slipped my mind.という言い回しを使うのがふつうです。I forgot about it.だと「うっかり」という軽いニュアンスではなくなります。



 次回は、職業を自然にたずねたいときなどの文例を紹介します。

banner

 →連載「英会話は伝え方で9割決まる」バックナンバーはこちら

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集