調査リポート
» 2013年09月12日 18時05分 UPDATE

24〜33歳のビジネスパーソンに聞く、「倍返しをしたい」と思ったことがある? (1/2)

仕事場において「倍返しをしたい(不当な思いをして仕返しをしたい)」と思ったことがある人はどのくらいいるのだろうか。24〜33歳のビジネスパーソンに聞いた。ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会調べ。

[Business Media 誠]

 TBSドラマ『半沢直樹』のヒットにより職場の上下関係に注目が集まっている。主人公が上司に放つ決めゼリフ「やられたら、倍返しだ」が話題になっているが、上司に対して「倍返し」を考えたことがある人はどのくらいいるのだろうか。

 24〜33歳のビジネスパーソンに、仕事場において「倍返しをしたい(不当な思いをして仕返しをしたい)」と思ったことがあるかどうかを聞いたところ、38.0%が「ある」と回答していることが、ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会の調査で分かった。

yd_hanzawa1.jpg 倍返しをしたいと思ったことがありますか? (出典:ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会)

 なぜ「倍返しをしたい」と思ったのかを聞いたところ「理不尽な内容で叱責されたとき」(30歳男性)、「上司の失敗の責任を取らされたとき」(33歳男性)、「みんなの目の前で書類を投げつけられて罵倒されたとき」(31歳女)といった声があった。「言動の理不尽さ、失敗の擦り付け、困っていてもフォローがないといった上司の行動が『仕返ししたい』対象になるようだ」(ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会)

 ちなみに業界別でみると、『半沢直樹』の主人公と同じ銀行員で「倍返しをしたいと思ったことがある」と答えたのは42.0%。全体(38.0%)と比較して、やや多いことが明らかに。

yd_hanzawa2.jpg 倍返しをしたいと思ったことがありますか? 全体と比較して、銀行員はやや多い(出典:ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集