ニュース
» 2013年09月05日 18時00分 UPDATE

3代目フィット登場:新「フィット ハイブリッド」の燃費はリッター36.4キロ――伊東社長もホクホクの笑顔

ホンダはフルモデルチェンジを果たした3代目フィットとフィットハイブリッドを9月6日に発売する。ガソリンモデルはリッター26.0キロ、ハイブリッドモデルは同36.4キロを実現した。

[Business Media 誠]

 「こだわったのは“世界一”であること。既存のスモールカーの枠を超えた世界一便利で、世界一愛されるコンパクトカーになった」――本田技研工業の伊東孝紳社長は、3代目フィットが「走り、燃費、デザイン、居住性のすべてを進化させた」と披露した。

フィット 新型フィットを披露する伊東孝紳社長

 ホンダはフィットとフィットハイブリッドをフルモデルチェンジし、9月6日に発売する。新デザインコンセプトの「EXCITING H DESIGN!!!」を用いた初のモデルだ。フィットはリッター26.0キロ、フィットハイブリッドは同36.4キロのJC08モード燃費を実現する。価格はフィットが126万5000円〜、フィットハイブリッドが163万5000円。

世界一の燃費を達成、「ホッとした」と伊東社長

 注目は、同社の新世代エンジン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を全モデルに投入したこと。ハイブリッドシステムにはシンプルな1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載。走行状況に応じてEV走行、ハイブリッド走行、ガソリン走行を使い分ける。新開発の1.5リッターアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンには高出力モーターを内蔵する7速デュアルクラッチミッションを組み合わせた。

フィットフィットフィット

 また、ガソリンモデルには1.3リッターと1.5リッターの2種類のエンジンを展開する。1.3リッターのガソリンモデルにはアトキンソンサイクルDOHC i-VTECを採用。軽量コンパクトなエンジンにワイドレンジ化した新型CVTを組み合わせ、JC08モード燃費でリッター26.0キロを実現。なお、5速MTモデルも用意した。また、1.5リッターのガソリンモデルに搭載する直噴DOHC i-VTECは、従来モデルに対して最高出力を約10%向上した。RSグレードでは6速MTモデルも展開する。

 囲み取材に応じた伊東社長は、「最近、『世界一』がなかったから、とにかく世界一であることにこだわった。世界一の燃費を達成できてホッとした」と笑顔を見せた。競合車種であるトヨタのアクア(JC08モード燃費でリッター35.4キロ)について話題を振られると「他社の動向に限らず、これからも進化させていく。トヨタさんの技術はすばらしい。お互いに刺激を与えあって、日本が誇る技術を世界に打ち出していきたい」とコメントした。

フィット 1.3リッター ガソリンモデルのグレードと価格
グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
13G 1.3リッター アトキンソンサイクル DOHC i-VTEC CVT FF 126万5000円
4WD 145万4000円
13G Fパッケージ 5速MT FF 136万円
CVT FF 136万円
4WD 154万9000円
13G Lパッケージ CVT FF 146万1000円
4WD 165万円
13G Sパッケージ CVT+パドルシフト FF 156万円
4WD 174万9000円

フィット 1.5リッター ガソリンモデルのグレードと価格
グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
15X 1.5リッター 直噴DOHC i-VTEC CVT FF 158万円
4WD 176万9000円
15X Lパッケージ CVT FF 168万円
4WD 186万9000円
RS 6速MT FF 180万円
CVT+パドルシフト FF 180万円

フィット ハイブリッドのグレードと価格
グレード エンジン 変速機 駆動方式 価格
HYBRID 1.5リッター アトキンソンサイクル DOHC i-VTEC i-DCD 高出力モーター内蔵 7速DCT FF 163万5000円
HYBRID Fパッケージ FF 172万円
HYBRID Lパッケージ FF 183万円
HYBRID Sパッケージ 高出力モーター内蔵7速DCT+パドルシフト FF 193万円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -