連載
» 2013年09月05日 06時30分 UPDATE

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:松坂大輔がどんなに落ちぶれても「メジャー」にこだわる3つの理由 (1/3)

2013年8月、メジャーリーガー・松坂大輔のニュースが久しぶりに話題となった。自ら3Aを退団し、登板機会を求めてニューヨーク・メッツへと移籍したのだ。

[臼北信行,Business Media 誠]

著者プロフィール:臼北信行

日本のプロ野球や米メジャーリーグを中心としたスポーツ界の裏ネタ取材を得意とするライター。WBCや五輪、サッカーW杯など数々の国際大会での取材経験も豊富。


松坂大輔 松坂大輔

 かつて「怪物」と呼ばれた男が、もがき苦しんでいる。メッツ・松坂大輔投手のことだ。9月2日のブレーブス戦で今季3試合目となるメジャーリーグの先発マウンドに上がったものの3ランを浴びるなど3回7安打6失点で3連敗。防御率は10.95にまで悪化し、新天地でもいよいよ崖っぷちに立たされてしまった。

 2013年8月20日にマイナー契約を結んでいたクリーブランド・インディアンスに契約解除を申し入れ、先発のコマ不足に悩んでいたニューヨーク・メッツと同22日にメジャー契約。しかし初陣となった23日のタイガース戦は5回6安打5失点、続く28日のフィリーズ戦も5回を持たずに6安打4失点といずれも散々の内容で黒星となり、今回の背信投球も加わって首脳陣の信頼を大きく損なった。

松坂が日本球界に復帰しない理由とは?

 メッツとの契約延長、あるいは他球団とのメジャー契約をつかむためにもレギュラーシーズンが終了する残り約3週間で結果を残さなければならないが、それは極めて厳しいイバラの道と言わざるを得ないだろう。この体たらくを見る限り、今後の展開次第ではシーズン終了を待たずしての「リリース(解雇)」も十分に考えられる。

 さて、こうなると当然ささやかれ出すのが松坂の日本球界復帰だ。一部報道でもあった通り、オリックスやDeNAが来季獲得に向けた調査に乗り出すなど複数の国内球団が水面下で松坂に興味を示している。ところが、当の松坂は一貫して「日本に復帰するつもりはない」という姿勢を曲げていない。

 今後どんなに落ちぶれようとも元怪物は最後の最後までメジャーリーグのマウンドを追い求めていく腹積もりだからだ。そこには日本プロ野球では得ることのできない「エンジョイ」と「一獲千金のチャンス」、そしてプライベートでの「カカア天下」という意外なキーワードも隠されている。

 メッツから松坂に支払われるサラリーは、わずか10万1748ドル63セント(約1000万円)。これはメジャー最低年俸の49万ドル(約4900万円)を、メッツ在籍となる38日間(1シーズンは183日間)で日割り計算した額だ。「オリックスやDeNAは2年契約、年俸1億円を基本線に交渉を進めようとしている」(事情通)だけに、もし日本球界復帰を選べば少なくとも今のサラリーの10倍の年俸を得られるはず。それでも松坂サイドは今のところ「色よい返事どころか、われわれに関心すら示してくれない」(オリックス関係者)というからかたくなだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -