ニュース
» 2013年09月03日 12時00分 UPDATE

世界初の公道実証実験:マツダ、路面電車と通信する「アテンザ」で交通事故を未然に回避

自動車と路面電車の間で通信を行い、自律的に衝突を未然に防ぎ、スムーズな交通を目指す実証実験が広島市で行われる。「第20回ITS世界会議東京2013」ではデモ走行も行う。

[Business Media 誠]

 マツダは、路面電車と通信することで接触事故を未然に回避する先進安全自動車「マツダ アテンザ ASV-5」を使った公道実証実験を開始する。また、10月に東京都で開催される「第20回ITS世界会議東京2013」でもデモ走行を行う。

アテンザ ASV-5 (出典:マツダ)
アテンザ ASV-5 アテンザ ASV-5(出典:マツダ)

 市民の足として1日平均15万人の利用がある広島市の路面電車。今回の実験では、路面電車と自律型車載センサーを搭載したアテンザ ASV-5が通信を行うことで、接触を回避し、安全で円滑な運転を支援する効果を検証する。

 マツダによれば、路面電車‐自動車間通信型の先進安全運転支援システムのデモ走行は世界初とのこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ