連載
» 2013年08月26日 06時35分 UPDATE

神尾寿の時事日想:ターゲットは“クルマ好き”――BMW & MINI、新しいカーシェアリングの形 (1/3)

コイン駐車場の敷地を使ってカーシェアリングサービスを提供する「Times Car PLUS 」が、最新のBMW&MINIに乗れるキャンペーンを実施中だ。クルマを持たない人向けのサービスであるカーシェアリングで「クルマ好きに楽しんでほしい」と言うその意図は……?

[神尾寿,Business Media 誠]

 日本でも東京都内など都市部を中心に、カーシェアリングサービスを見かけることが増えてきた。都内の大規模マンションなどでは、敷地内や周辺の駐車場にカーシェアリングのステーション(無人貸出所)が併設されるケースが増加。もともとは欧州の小都市や北米サンフランシスコなどで普及し、注目されてきたカーシェアリングだが、日本でも徐々に定着してきているようだ。

 そのような中で、カーシェアリングサービス最大手のタイムズ24とBMWが、BMWおよびMINIの最新モデル 12車種のカーシェアリングが無料で利用できる「Times Car PLUS × BMW × MINI無料体感キャンペーン」を実施した。これは2013年7月10日から9月30日までの期間限定で、最新のBMWやMINIを最大3時間、カーシェアリングで体験できるというものだ。

ay_kamio01.jpg Times Car PLUS × BMW × MINI無料体感キャンペーン(クリックすると全体を表示)

 クルマを取り巻く環境が変化する中で、カーシェアリングの位置付けはどう変わっていくのか。タイムズ24×BMWの無料キャンペーンを見ながら考えてみたい。

「無料で最新車種に乗れる」広告型のカーシェアリング

 時間貸し駐車場最大手であるパーク24が手がける「タイムズカープラス」は、国内でも随一のカーシェアリングサービスである。2010年6月のサービス開始以降、着実に会員数を伸ばし、今年5月末時点での会員数は約21万人。都市部を中心に着実にユーザーを増やしている。

 このタイムズカープラスとBMWグループとの連携も初めてではない。以前のコラムでも紹介したが、2010年7月からBMWおよびMINIの車両導入が段階的に始まり(参照記事)、現在ではタイムズカープラスの貸出車両のうち200台余りがBMWやMINIになっている。また2012年7月からは、国内でもまだ珍しいBMWの電気自動車「BMW ActiveE」のカーシェアリングを始めるなど(参照記事)、両社の関係は良好だ。

ay_kamio02.jpg BMWの電気自動車「BMW ActiveE」

 そのような中で、今回の「Times Car PLUS × BMW × MINI無料体感キャンペーン」が注目なのは、通常のカーシェアリング用車両ではなく、最新型の車種に無料で乗れることだろう。今回、用意されているのは11車種12タイプのBMWやMINIであり、その中にはBMWのハイブリッドカー「アクティブハイブリッド3」や、クリーンディーゼル車である「320d / 320dツーリング」「523d / 523dツーリング」、「X3 xDrive 20d」などもラインアップされている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集