連載
» 2013年08月24日 00時00分 UPDATE

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:恋人に結婚を決意させる“今”ならではの方法

毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。仕事も投資も恋愛も中途半端なはるか。一方、あずさは……。

[雄山スズコ,Business Media 誠]
ah_manga.jpg

 8月なので“夏休み”相場なのか、株式市場は方向感のない状況になっています。米国のダウ平均は最高値を更新していたのに、じりじりと下げてきていて、かと言って暴落するでもなく、売り時なのか買い時なのか悩みます。

 売りも買いもできないとなれば銘柄研究でもすればいいのに、市場に元気がないと自分も元気がなくなってしまったりもするんですよね。なぜかぼんやりと人生について考え始めたりします。でもこういうときこそ相場について考えるべきなんです、きっと。

 株は円相場に連動するから通貨の動きを常に見ていないといけないし、ブラジルのレアル安など新興国経済にやや陰りが……とも言われています。中国経済についてはシャドーバンキングや不動産バブルで不安をあおられますし、サブプライム問題のようにそこから世界経済全体に波及しないとも限りません。今後米ドル高政策もありうるという話もあるようですし、日本の消費増税が景気を冷やすのかも注目材料です。人生の問題とか考えている場合ではありません! ……というのが株ジャンキーの姿です。

 ブレる相場のために人生を迷っている人は、こんな風に自分の“揺るぎない方向性”を恋人に見せつけられると、頼りがいを感じて一気に相手に引き寄せられるかもしれません。相場が不安定なときに使える方法です。

 ただし場合によっては「株のことしか考えていない!」と見なされてフラれてしまうかもしれません。勇気のある方は試してみてください(結果については責任は持ちません)。

 →『カブ・ジェネレーション』バックナンバーへ

 →ミクシィの『カブ・ジェネレーション』コミュニティへ

編集Hのつぶやき

デートも東証とかに行くのがオススメです。


ah_seimoe.jpg

著者プロフィール:雄山スズコ

漫画家兼投資家。政治経済ジャンルに主に生息。2004年から投資を始める。中国株、日本株、各種外貨資産などさまざまな金融商品で痛手を負うが、こりずに挑戦中。著書に『政治萌え!〜国会ゆるゆる観察日記』(司書房)、『国会萌えコメディ 政界のまんががこんなにユルいわけがない』(集英社)。ぷら@ほ〜むで『国会萌えコメディ政界のまんががこんなにユルいわけがない』を連載中。公式サイト「桃熊薬局」。著作一覧はこちら


関連キーワード

投資 | | 漫画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集