連載
» 2013年08月12日 07時00分 UPDATE

英会話は伝え方で9割決まる:「やっぱり無理そうです」と言いたいとき (1/2)

あなたの英語はちゃんと相手に伝わっていますか? 学校で習った英語でも、ちょっと変えるだけでネイティブ流になり、より自然に相手に伝わるようになります。今回はTPOに合わせた英語の中から「やっぱり無理そうです」「もしできれば……」などのフレーズを紹介します。

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「英会話は伝え方で9割決まる」について

ks_book.png

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『英会話は伝え方で9割決まる(学校では教えてくれなかった英語)』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

――あなたは次の日本語のニュアンス、英語でちゃんと伝えられますか?

例えば「結構です」と言いたくて"No, thank you."なんて答えていませんか? あなたが学校で習った「正しい」英語、実はネイティブには伝わらない英語かもしれません! 英会話は伝え方で9割決まります。

英語も、日本語と同じように、話し方に気を付けなければなりません。ほんのちょっと言い方を変えたり言葉をつけ加えるだけで、気持ちはもちろん、ちょっとしたニュアンスまで、ネイティブにちゃんと伝わる英語に変わります。

本書では伝えたい目的別に、 日本人が使いがちな「惜しい英語」を取り上げ、あなたの英語のどこをどう変えればもっとネイティブに伝わるようになるのか、そのコツとポイントを分かりやすくまとめています。


 人にお願いをするとき、あるいは何かを教えてもらうときは、英語でも丁寧な言葉遣いを心がけたいもの。特にビジネスシーンでは、相手に気持ちよくこちらの要望を聞いてもらえるよう、丁寧に話をする必要があります。ちょっとした言い方やクッションの置き方で、伝わり方がかなり変わるので気を付けましょう!

ここで身につけたいテクニック

  • 腰の低い印象になる言い回し
  • ひと言加えて謙虚に
  • やわらかい印象の依頼の仕方
  • 接客時の言葉遣い
  • 初対面、目上の方には丁寧に

「やっぱり無理そうです」と言いたいとき

日本人の惜しい英語

  • I can’t go to your party.

 パーティには行けません。

もっと伝わる英語

  • I really can’t go to your party.

 パーティに行くのはやっぱり無理そうなんです。

セイン先生からのアドバイス

ふつうreallyがつくと文意が強調されますが、ここではちょっとニュアンスが違ってきます。実はこのreallyがあるために「行きたいのですが、大事な用があって行けないのです」という申し訳なさそうな感じになります。後者のほうがずっと丁寧に聞こえるのです。


「お手数ですが……」と言いたいとき

日本人の惜しい英語

  • Can I have some extra towels?

 タオルを余分にください。

もっと伝わる英語

  • Could I bother you for some extra towels?

 お手数ですが、タオルを余分にいただけますか?

セイン先生からのアドバイス

botherは「わずらわせる」という意味。Could I bother you forをつけると「(お手を)わずらわせて申し訳ございませんが」という、謙虚な気持ちが込もった丁寧な言い方になります。


banner
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ