調査リポート
» 2013年07月26日 15時59分 UPDATE

大ヒットキャラ生まれず:キャラクタービジネスの市場規模、7年連続で縮小

矢野経済研究所は7月26日、2012年度のキャラクタービジネス市場規模が前年度比97.7%の2兆3075億円だったと発表した。商品化権ビジネスでは玩具が健闘するものの、それ以外の分野は縮小傾向にある。

[Business Media 誠]

 矢野経済研究所は7月26日、2012年度のキャラクタービジネス市場規模が前年度比97.7%の2兆3075億円だったと発表した。大ヒットとよべるキャラクターに乏しく、2013年度も微減の傾向が続く。

 矢野経済研究所では、2012年度には新たな大ヒットキャラクターが生まれることもなく、人気の高い有力キャラクターも全体的に低調だったと総括。動画サイト生まれのキャラクターやスマートフォンのアプリケーションで使われたキャラクターなど、新たな分野からのヒットキャラクターも登場しているが、市場規模をプラス成長にするには至らなかった。当面、こうした状況が継続するものと予測しており、2013年度の市場規模は前年度比98.8%となる2兆2800億円を予想する。

キャラクタービジネス市場規模推移 キャラクタービジネス市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

トレーディングカードに陰りが見え始める

 キャラクタービジネス市場は商品化権と版権によって構成される。商品化権市場を分野別にみると、玩具が最も多い47.0%を占める。幼児向け特撮番組やTVアニメなどの定番キャラクターは安定した人気があるものの、近年好調だったトレーディングカードゲームが低調だった。また、玩具以外の分野では全体的に縮小傾向にある。

商品化市場分野別 2012 年度キャラクタービジネス商品化権市場 分野別構成比(出典:矢野経済研究所)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -