調査リポート
» 2013年07月24日 16時41分 UPDATE

静か過ぎる職場は居心地悪い:仕事中に気になる音ってどんな音?

仕事中に最も気になる音は上司や同僚の「話し声」。また、2人に1人がシーンとした職場に居心地の悪さを感じていることが分かった。USEN調べ。

[Business Media 誠]

 うるさ過ぎても仕事にならないが、静か過ぎても居心地が悪い――USENが職場の「音環境」調査の結果を発表した。同調査によれば、日本のオフィス環境のおよそ7割は「静か」なようだ。

 仕事中に気になる音とはどんな音だろうか。音の種類を尋ねたところ、「話し声」(46.0%)が最も多く、「電話で話す声」(37.5%)、「外からの雑音」(30.5%)、「パソコンのキーボードを打つ音」(19.8%)と続いた。また、ほかの意見として、「プリンター待機音」「他人のブツブツ独り言」「隣席の舌打ち」なども寄せられた。

気になる音 お仕事中に気になる周囲の音は何ですか?(出典:USEN)

シーンとしたオフィスは居心地悪い?

 職場の静かさを聞いたところ、68.8%が「静か」だと感じていた(「非常に静か」と「どちらかというと静か」の合計)。ところが、シーンとした職場で仕事をしていると、53%が「居心地が悪い」と感じていることも分かった。

職場の静かさ あなたの職場は静かですか?(出典:USEN)
静か過ぎる職場 静か過ぎる(シーンとした)職場は、居心地が悪いと感じることはありますか?(出典:USEN)

 インターネットを使った調査で、20〜59歳の会社員や公務員など400人が対象。調査期間は2013年6月5〜6日。

関連キーワード

職場 | 仕事 | USEN | 調査 | 音楽 | ビジネスパーソン | 同僚


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集