調査リポート
» 2013年07月22日 18時44分 UPDATE

2018年には90万台市場に:ロボット掃除機、シェアの7割超を「ルンバ」が占める

シード・プランニングがまとめた調査研究リポートによれば、2018年の市場規模は2012年比の2.3倍となる90万台が見込まれる。

[Business Media 誠]

 スイッチを入れるだけで、室内を自動的に掃除してくれるロボット掃除機。シード・プランニングがまとめた調査研究リポートによれば、2018年の市場規模は2012年比の2.3倍となる90万台が見込まれる。

 2012年度のロボット掃除機の販売台数はおよそ38万台。メーカー別のシェアでは73.6%に当たる28万台を「ルンバ」(iRobot)が占め、以下「ココロボ」(シャープ、8.7%)、「スマーボ」(東芝、6.6%)と続く。リポートでは2005年から縮小傾向にあった国内掃除機市場が2010年から微増に転じたのはロボット掃除機の伸びによるものと推測する。

市場規模 ロボット掃除機の市場規模予測(出典:シード・プランニング)

購入理由には「面白そう」「かわいい」も

 ロボット掃除機の購入理由は「便利そうだった」(60.5%)、「掃除が楽になると思った」(50.8%)が上位に並んだ。一方、非購入者を対象にロボット掃除機のイメージを尋ねたところ、「価格が高い」(63.0%)、「ちゃんと掃除してくれるか心配」(62.3%)、「電気掃除機に比べて吸引力が弱そう」(40.0%)という回答が寄せられた。

購入理由 ロボット掃除機の購入理由(出典:シード・プランニング)

 アンケート調査は購入者400人、非購入者300人を対象に実施。リポート全体の調査期間は2013年2〜7月。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ