調査リポート
» 2013年07月18日 13時18分 UPDATE

やっぱり英語ができる人は、年収が高い?

転職サイトを運営するビズリーチが年収750万円以上のビジネスパーソンの英語力を調査した。その結果……。

[Business Media 誠]

 転職サイトを運営するビズリーチが年収750万円以上のビジネスパーソンの英語力を調査したところ、英語レベルが高い人ほど年収が高く、年齢が上がるほどその傾向は顕著に高まっていることが分かった。

 英語力別の平均年収をみると、ネイティブが1354万円、ビジネスレベルが1174万円、日常会話レベルが1037万円、基礎会話レベルが1003万円、英語を話さない人が976万円。ネイティブと英語を話さない人では378万円の差となった。

yd_eng1.jpg 英語レベル、年齢、年収の相関関係(出典:ビズリーチ)

 また同社が運営するサイト経由で転職を成功した人の約8割が日常会話レベル以上(ネイティブ5%、ビジネス会話レベル50%、日常英会話レベル22%)だった。

 今回の調査結果を受けて、同社の南壮一郎社長は「日系企業の海外進出が加速し、また海外とのやり取りが増える中、マネジメント職では、英語力が必須であることが多い。英語力が高ければ高いほど、市場価値が高まり、キャリアの選択肢が広がる傾向にある。日本経済のグローバル化が加速する中、生き残りを図るためには、英語力は大きな武器になると言えるのではないか」とコメントした。

 調査対象はビズリーチ会員のビジネスパーソン11万人。調査時期は6月。

関連キーワード

英語 | 給料 | 英語学習 | 年収 | ビズリーチ | 語学


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ