コラム
» 2013年07月09日 14時12分 UPDATE

モチベーションは重要か? (1/2)

転職してきた人から「この会社は、モチベーションの高さを大切にする人が多いようだが、本当に必要かね?」と問われた筆者。労働を美徳と感じる日本人にはそぐわないのではと考え始めます。

[川口雅裕,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:川口雅裕(かわぐち・まさひろ)

イニシアチブ・パートナーズ代表。京都大学教育学部卒業後、1988年にリクルートコスモス(現コスモスイニシア)入社。人事部門で組織人事・制度設計・労務管理・採用・教育研修などに携わったのち、経営企画室で広報(メディア対応・IR)および経営企画を担当。2003年より株式会社マングローブ取締役・関西支社長。2010年1月にイニシアチブ・パートナーズを設立。ブログ「関西の人事コンサルタントのブログ


 昔、勤めていた会社で人事マンをしていたころ、転職してきた人から「この会社は、モチベーションの高さを大切にする人が多いようだが、仕事にモチベーションなんて必要なんですかね?」と言われたことがあります。「自分の役割ややるべき業務がしっかり分かっていて、それをまっとうするスキルがあれば、モチベーションなんてあろうがなかろうが、ちゃんと仕事はできるだろう。なのに、なぜモチベーションを盛んに口にする人が多いのか不思議だ」というのです。

 これは私にとって、新鮮な問いかけでした。当時の会社は平均年齢が20歳代の若い集団なので知識も経験も乏しく、色々な出来事に対しての対処法やケアすべきことを誰も知らない、やってみないと分からないということが普通でした。また、組織が急激に拡大していましたから、各々の役割や仕事がどんどん変化していき、ミッションが曖昧になってしまうきらいもありました。そんな状況下で必要だったのは、情熱や前向きさであり、時には気合と根性であったことは間違いありません。その問いかけは、「モチベーションを、知識や技術の不足、組織運営の稚拙さの言い訳にしていないか?」ということだったように思います。

 以来、私は「モチベーションが何より大切だ」という議論に対して懐疑的になりました。そもそもそれは、日本人の労働観にそぐわないようにも思えます。厚労省の調査などでも明らかなように、日本人は「勤労は美徳である」と考えてきました。高齢者の多くが「定年後も働き続けたい」という意向であるのも、経済的事情もあるとはいえ、基本的には日本的労働観の表れと見るべきです。日本人にとって勤労は美徳であり、それはすなわち、モチベーションなどと言われなくとも、前向きに、やる気を持って仕事に取り組むことができる民族だということです。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2016 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ