調査リポート
» 2013年07月08日 15時52分 UPDATE

ネット利用は2割:スマホに必要性感じず、フィーチャーフォン利用者の6割 (1/3)

MMD研究所が従来型の携帯電話ユーザーの実態調査を実施。多くの利用者は1機種を3年以上使い、フィーチャーフォンの機能に満足しているようだ。

[Business Media 誠]

 フィーチャーフォン(従来型の携帯電話)利用者の約8割がスマートフォン購入を決めていない――MMD研究所が全国のフィーチャーフォンユーザー992人を対象に利用実態調査を実施した。フィーチャーフォンユーザーの多くは、通話とメールができればいいと考えているようだ。

スマホへの乗り換え意識低く

 スマートフォンの購入意向を尋ねたところ、約8割が乗り換えに後ろ向きのようだ(「特に決めていない(46.1%)」「購入する予定はない(33.4%)」)。その主な理由は、「スマートフォンの必要性がない」(63.0%)、「月額料金が高い」(58.1%)といったもの。

 また、「今の携帯電話に満足している」(34.2%)、「通話機能があれば充分」(26.4%)、「不要な機能が多い」(23.0%)といった回答もあり、フィーチャーフォンに満足しているようだ。

購入しない理由 スマートフォンの購入を検討しない理由(出典:MMD研究所)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ