調査リポート
» 2013年06月12日 13時41分 UPDATE

結婚前に同棲していた、増加傾向に

2011年4月〜2012年3月までに結婚した、または結婚予定のあった人で、同棲していた夫婦はどのくらいいるのだろうか。首都圏・東海・関西に住んでいる人に聞いた。リクルートブライダル総研調べ。

[Business Media 誠]

 2011年4月〜2012年3月までに結婚した、または結婚予定のあった人で、親と同居している新婚夫婦はどのくらいいるのだろうか。首都圏・東海・関西に住んでいる人に聞いたところ「夫の親と同居している」が2.5%、「妻の親と同居している」が1.4%で、親と同居しているのは3.9%であることが、リクルートブライダル総研の調査で分かった。

yd_we1.jpg 親との同居状況(出典:リクルートブライダル総研)

 親と別居している人に、夫婦が一緒に住み始めたのは結婚が決まる前か、決まった後かを聞いたところ「結婚が決まる前から」が27.3%、「結婚が決まった後から」が67.1%。

 結婚前に“同棲”していた人を地域別にみると、首都圏では32.5%だったのに対し、関西圏では19.9%にとどまった。また過去に行った調査と比べると、同棲していた夫婦は増加傾向に。2007年には、親と別居している夫婦の15.2%が同棲していたが、2012年には27.3%に増えている。

 「結婚生活は『誰とどのように暮らすか?』が大きく影響するもの。一緒に暮らしてみてから、『結婚したい』と思って夫婦になる人が増えることもある意味、自然なことなのかもしれない」(リクルートブライダル総研)

インターネットによる調査で、2011年4月〜2012年3月までに結婚をした、または結婚の予定があった首都圏・東海・関西に住む男女2042人が回答した。調査期間は2012年5月18日から6月22日まで。

yd_we2.jpg 新居に一緒に住み始めた時期(出典:リクルートブライダル総研)
banner

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集