連載
» 2013年06月11日 08時00分 UPDATE

半年でTOEIC800点をとる方法:TOEICは何歳になってもハイスコアが取れる! (1/2)

TOEICは攻略法が分かっているので、社会人でも勉強しやすい試験です。もちろん、勉強を始めるのはできるだけ早いほうがいいのですが、たとえ高齢であったとしても、勉強すればちゃんとスコアは上がるのです。

[杉村健一,Business Media 誠]

集中連載「半年でTOEIC800点をとる方法」について

ks_toeic190.png

 本連載は、ムリやムダのないTOEIC勉強法を具体的に紹介する本として10万部を突破した、杉村健一氏著、書籍『ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――勉強する時間がない。というか、あまり勉強したくない。特に土日は遊びたい。結局、ラクにしかも早く点数を上げたい。リスニングが全然聞き取れないうえ、英文を読むのが遅すぎる。良い参考書で効率的に勉強したい――。こんな人は、決して少なくないでしょう。

 著者の杉村氏は英語が苦手で嫌いな上、海外経験もゼロ。しかも40歳以上。スキマ時間の活用法や目標の設定など、40代からでも決して遅くない、TOEICのスコアアップのための効率的な方法が満載の1冊です。


著者プロフィール:

杉村健一(すぎむら・けんいち)

 1965年、愛知県生まれ。二流私大卒のアラフィフ凡人サラリーマン。海外経験ゼロ、仕事で英語を使わない、外国人の友人もいないという、普段はまったく英語を使わない生活をしてきた。

 英語に関してはズブの素人で、勉強開始当初はリスニングはまったく聞き取れず、中学レベルからやり直すほど英語が苦手だった。しかし、わずか半年後の受験で885点、さらに2カ月の勉強で925点を獲得。

 現在は、友人や後輩を実験台にTOEICテストのテクニックや勉強法、参考書などを研究中。


どんなに忙しくても、歳をとっても受けられる

 TOEICは、仕事で日常的に英語を使っている人であれば何もしなくてもそこそこ点が取れ、ちょっと勉強すれば相当のスコアが出るでしょう。普段英語を使わない社会人でも「アポイントメント」だの「コンセンサス」だの、ビジネスシーンでのカタカナ英語を使う機会があるため、ビジネス英語主体のTOEICは馴染みやすいと思います。

 また、どんなに忙しい人でも勉強できるので、社会人でも心配することはありません。TOEICに限らず語学の勉強全般に言えることですが、これまでお話してきたとおり、勉強はどこでもできるからです。

 以上から、TOEICは社会人が勉強しやすい試験だと思います。

 それから、どの年齢からでも始められるとも思っています。確かに、記憶力は若いほうがいいでしょう。しかし、一部しか聞こえないビジネス英語の会話や文章の内容を常識に照らして推測して補完するような能力は、社会人経験が長い年配者のほうが勝るかもしれません。

 とはいえトータルで考えると、学習能力自体はやはり若い人のほうが高そうです。でも、僕が強調したいのは、若いほうが有利そうだからとはいえ、高齢でも勉強すればちゃんとスコアは上がることなのです。

banner
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集