調査リポート
» 2013年06月06日 14時58分 UPDATE

ネットショッピング、スマホユーザーは利用金額が高い

スマートフォンユーザーのネットショッピング経験は、フィーチャーフォンユーザーと比べて1.3倍で、1回当たりの購入金額も高めになることが分かった。

[Business Media 誠]

 スマートフォンユーザーのネットショッピング経験は、フィーチャーフォンユーザーと比べて1.3倍になることが、サイバーエージェントが運営するコミュニュケーションサービス「Ameba」の会員を対象にしたアンケート調査により分かった。

 ネットショッピングの経験があると答えたスマートフォンユーザーが83%だったのに対して、フィーチャーフォンユーザーは63%と20ポイントの差があった。

ネットショッピングの経験有無 ネットショッピングの経験有無(出典:ameba)

 男性ユーザーの1回当たりの購入金額を聞くと、スマートフォンユーザーは「5001〜10000円」が36%と最も多く、次いで「1001〜3000円」(26%)、「3001〜5000円」(22%)となった。一方、フィーチャーフォンユーザーで最も多かったのは「3001〜5000円」(30%)で、スマートフォンユーザーの方が高額な買い物をしているようだ。

ネットショッピング1回当たりの購入金額(男性) 男性のネットショッピング1回当たりの購入金額(出典:ameba)

店舗での買い物、スマホユーザーはネットのクチコミ重視

 実店舗での買い物行動にも違いがあった。「店舗で買い物をする際、商品購入のきっかけになる理由」を聞いたところ、「店頭(陳列やPOPを見て)」ではフィーチャーフォンユーザーの割合が11ポイント高く、「ネットでのクチコミ」ではスマートフォンユーザーの割合が15ポイント高かった。

店舗で買い物する際、商品購入のきっかけになる理由は? 店舗で買い物する際、商品購入のきっかけになる理由は?(出典:ameba)

 インターネットを使った調査で、Ameba会員の男女1094人から有効回答を得た。調査期間は2013年4月1日〜11日。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集