連載
» 2013年05月30日 08時00分 UPDATE

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:ゼロより下、マイナスからでもはい上がりたい――川崎宗則の愚直な生き方 (1/4)

「伏兵」と思われていた男が着実に存在感を増している。地元紙が「カワサキさん、ごめんなさい」という見出しをつけて“謝罪記事”を掲載するほどまでだ。その生きざまをふり返る。

[臼北信行,Business Media 誠]

著者プロフィール:臼北信行

日本のプロ野球や米メジャーリーグを中心としたスポーツ界の裏ネタ取材を得意とするライター。WBCや五輪、サッカーW杯など数々の国際大会での取材経験も豊富。


 「伏兵」と思われていた男が着実に存在感を増している。トロント・ブルージェイズの川崎宗則のことだ。打率は2割台だが、出塁率に目を移してみるとOBP(On Base Percentage)は3割台。2012年シーズンのOBPでマークした2割5分7厘を大きく上回る活躍をみせている。

 際立ったのは、本拠地ロジャースセンターで行われた5月27日(日本時間28日)のオリオールズ戦。9番・遊撃で先発出場すると1点を追う9回二死一、二塁の好機で左中間への2点適時二塁打を放ち、チームにサヨナラ勝ちをもたらした。3安打3打点の猛打賞で大ヒーローとなった川崎は地元のテレビカメラに向かって「私の名前は川崎宗則、日本人です」とユニークな片言英語で絶叫。場内のファンからもスタンディングオベーションで声援を送られた。

 「彼はOBPが示すように期待以上の働きをしてくれている。打席に立っても“何か”をやってくれそうだし、とても頼もしいよ。守備も素晴らしい。最初は彼の実力に半信半疑だったが、今はもうカワサキがいないチームのことなど怖くて考えることができない」とはジョン・ギボンズ監督の川崎評。メジャーリーグでも「めったなことではプレーヤーを褒めない」として知られる同監督が、ここまで1人の選手を激賞するのは極めて珍しいことだ。

タナボタ昇格からチームの中心的存在に

 川崎は2013年3月13日にブルージェイズとマイナー契約を結んだ。しかしその当初、トロントの地元メディアの反応は芳しくなく「メジャー昇格もままならず、おそらく途中解雇されるだろう」と冷ややかだった。ところが4月13日に正遊撃手のホセ・レイエスが左足首捻挫で故障者リスト入りするとお呼びがかかり、3Aバッファローからメジャーへ昇格。タナからボタ餅だったとはいえ、この千載一遇のチャンスを川崎は見事に生かして周囲を完全に見返した。

 アレックス・アンソボロスGMは「カワサキの活躍は大きな驚き」と目を丸くしながらも「彼を小バカにしていたトロントのメディアは彼に謝らなければならない」。これに呼応するかのように地元のトロント・スター紙が「カワサキさん、ごめんなさい」という見出しをつけて“謝罪記事”を掲載するなど、川崎の評価はガラリと一変。アグレッシブなプレーで多くのファンを魅了し、今では本拠地ロジャースセンターのスタンドに横断幕が張られるほどの人気選手となった。

 さらに同GMは「彼がチームにもたらした活気はすごい。仲間たちから本当に慕われている」とも絶賛。その言葉通り、2010年から2年連続でア・リーグ本塁打王に輝いたホセ・バティスタや、昨季サイ・ヤング賞右腕のR・A・ディッキーら大物のチームメートたちからも一目置かれるようにまでなった。

 そう、実は川崎がブルージェイズで評価を得ているのはプレーだけではない。「超」が付くほどにマジメで一生懸命な姿勢がフロント幹部をはじめ首脳陣、チームメート、そしてファンのハートをガッチリとつかんでいるのだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集