連載
» 2013年05月22日 08時00分 UPDATE

半年でTOEIC800点をとる方法:スコアを上げる近道は「TOEICの勉強」をすること (1/4)

あなたは英語が好きですか? 必死に勉強していても、いざ試験を受けるとなかなか点数が上がらなくて……という人は少なくないでしょう。今回は、TOEICのスコアアップに効果の高い勉強法を紹介します。

[杉村健一,Business Media 誠]

集中連載「半年でTOEIC800点をとる方法」について

ks_toeic190.png

 本連載は、ムリやムダのないTOEIC勉強法を具体的に紹介する本として10万部を突破した、杉村健一氏著、書籍『ただのサラリーマンが時間をかけずに半年でTOEICテストで325点から885点になれたラクラク勉強法』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――勉強する時間がない。というか、あまり勉強したくない。特に土日は遊びたい。結局、ラクにしかも早く点数を上げたい。リスニングが全然聞き取れないうえ、英文を読むのが遅すぎる。良い参考書で効率的に勉強したい――。こんな人は、決して少なくないでしょう。

 著者の杉村氏は英語が苦手で嫌いな上、海外経験もゼロ。しかも40歳以上。スキマ時間の活用法や目標の設定など、40代からでも決して遅くない、TOEICのスコアアップのための効率的な方法が満載の1冊です。


著者プロフィール:

杉村健一(すぎむら・けんいち)

 1965年、愛知県生まれ。二流私大卒のアラフィフ凡人サラリーマン。海外経験ゼロ、仕事で英語を使わない、外国人の友人もいないという、普段はまったく英語を使わない生活をしてきた。

 英語に関してはズブの素人で、勉強開始当初はリスニングはまったく聞き取れず、中学レベルからやり直すほど英語が苦手だった。しかし、わずか半年後の受験で885点、さらに2カ月の勉強で925点を獲得。

 現在は、友人や後輩を実験台にTOEICテストのテクニックや勉強法、参考書などを研究中。


TOEICの勉強に絞れば、やらなくていいことは多い

 TOEICのスコアを効率よく上げたいのであれば、TOEICの勉強をすることが近道です。TOEICは英語のテストではありますが、英語の全てがTOEICで問われるわけではありません。何しろマークシートのテストなのですから、選択式の回答が可能な問題しか出せないわけで、これで受験者の全ての英語能力を測るのはムリがあります。受験者の英語力のうちの、一部を試すのがTOEICです。「英語力全般= TOEICスコア」ではありません。

 「TOEICに出ることも出ないことも両方勉強してテストを受ける」ことと、「TOEICに出ることだけに絞って勉強してテストを受ける」の2つの方針で同じ勉強時間を使ったら、後者の方が高いスコアが取れるのは明らかです。

 幸いにもTOEICは毎回同じ問題形式・設問数で行われ、はっきりとした出題傾向があるテストなので、問われる所に絞るのはそう難しくはありません。

 「英語の勉強」と考えてしまうとけっこう時間がかかって大変ですが、TOEICの勉強に絞ればやらなくていいことはたくさんあります。

banner
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集