コラム
» 2013年04月19日 08時00分 UPDATE

杉山淳一の時事日想:札幌市電「400メートルの延伸」がもたらす大きなメリット (1/4)

国土交通省北海道運輸局は札幌市から申請された路面電車延伸計画を認可した。西4丁目とすすきの電停を結ぶ400メートルを整備し、中間に停留所をひとつ新設する。短い延伸だが意味は大きい。これで札幌市電が環状線となるからだ。

[杉山淳一,Business Media 誠]

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

1967年東京都生まれ。信州大学経済学部卒。1989年アスキー入社、パソコン雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年にフリーライターとなる。PCゲーム、PCのカタログ、フリーソフトウェア、鉄道趣味、ファストフード分野で活動中。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。2008年より工学院大学情報学部情報デザイン学科非常勤講師。著書として『知れば知るほど面白い鉄道雑学157』『A列車で行こう9 公式ガイドブック』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」、Twitterアカウント:@Skywave_JP、誠Styleで「杉山淳一の +R Style」を連載している。


 札幌市電は日本で最も北にある路面電車だ。札幌を訪れるほとんどの人が目にするし、札幌を舞台とする映画にも登場する。古くは1981年の高倉健主演『駅 STATION』、最近では5月11日公開予定の『探偵はBARにいる2 ススキの大交差点』に登場し、車内で格闘シーンが撮影されたようだ。また、初音ミクをあしらった『雪ミク電車』もネットで話題になった。

 この札幌市電に大きな変化が訪れようとしている。2013年4月5日、札幌市が申請していた「札幌市軌道運送高度化実施計画」について、国土交通省が認可した。現在の起点/終点である「西4丁目電停」と「すすきの電停」を直結する路線を復活させて、途中に電停「狸小路(仮称)」を新設するプランだ。その延長距離はたった400メートル。道路整備や底床車の導入、それにともなう既設路線の改良などを含めて約59億円のプロジェクト。

yd_sugi3.jpg 札幌市電路線図(出典:Google Maps)青い線が既存路線。赤い線が延伸区間

 このうち、400メートルの延伸に伴う費用は約20億円と報じられた。1メートル当たり500万円とは高いのか安いのか……相場が分からないのでなんとも言えないが、この延伸はとっても意味がある。キーワードは「環状線化」だ。400メートル延伸し、札幌市電を環状線化すると、電車の運行に大きな変化が現れる。運行はスムーズになり、運行間隔は短縮され、増発も容易になる。

yd_sugi1.jpg 札幌市が導入した新型車両(出典:国土交通省発表資料)
yd_sugi2.jpg 札幌市の市電延伸区間(出典:国土交通省発表資料)。線路は歩道寄りとし、電車に乗りやすくする
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -