連載
» 2013年04月19日 08時00分 UPDATE

ネイティブに伝わるビジネス英語:英語で顧客にアピール、どう言えばいいの? (1/2)

今回はちょっとした場面で出くわした顧客に自分をアピールできるフレーズを紹介します。

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」について

shk_mcbook.jpg

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『出社してから帰るまで ネイティブに伝わるビジネス英語700』『30秒英語プレゼン術 エレベーター・スピーチでビジネス英語のレベルが一気に上がる!』『打ち合わせから出張まで ネイティブに伝わるビジネス英語 ワンランクアップ編』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――あなたは残念な英語になっていませんか? ビジネス英語では、日常英会話よりもさらに、伝えたいことが正確に、はっきりと伝わることが大切です。

 でないと、思わぬ誤解から、仕事が失敗に終わったり大きな損失を出してしまったり、相手を怒らせてしまう可能性があるのです!

 しかし、実際のビジネスシーンでは「使ってはいけない表現」を使ったり、「誤解されやすい表現」を使ったり………。残念なビジネス英語が飛び交っています。そして、そのことに気付いていないのは話している本人だけだったりします。

 書籍では、使ってはいけない表現と、ネイティブに「ちゃんと伝わる」表現を紹介しています。


 日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」。エレベーターに乗っている短時間で相手の心をつかめる英語表現の文例を紹介していきます。

 →連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」バックナンバーはこちら

顧客にアピールする

飲食店店員が顧客に新商品をアピール

  • Have you heard about the new item on our menu?

 新しいメニューを知っていますか?

  • A survey showed it's our best dish yet.

 お客様アンケートで第1位の商品です。

  • You might want to give it a try.

 一度、食べてみてください。

セイン先生からのアドバイス

(1)上記のような質問をすれば、相手は無視しにくくなります。

(2)You might want to 〜は「〜するといいでしょう」「〜してはいかがでしょうか」の意味で、ニュアンスとしては決して強くありませんが、相手のために提案する温かさが感じられる表現です。


営業マンが自社サービスをアピール

  • We really appreciate all Mr. Green has done for us.

 グリーン部長にはいつもお世話になっています。

  • I'd like you to know that you can use our full sales network.

 ぜひ当社の販売網をフル活用してください。

  • We'd like to talk with you about a possible joint venture.

 これからのジョイントベンチャーについてお話しさせていただきたいと思います。

セイン先生からのアドバイス

(1)ほめられて悪い気持ちになる人はいませんが、口先だけのほめ言葉は禁物です。

(2)I'd like you to know that you can ……は、相手からの信頼を勝ち取るためによく使われる言い回しです。「絶対に大丈夫。できますよ」のニュアンスになります。


banner
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集