連載
» 2013年04月17日 09時30分 UPDATE

ネイティブに伝わるビジネス英語:初対面の人に自分をアピール――英語で何て言えばいいの? (1/2)

今回からはエレベータースピーチの実践編。初対面の人に自分をアピールするときに使えるフレーズを紹介します。

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」について

shk_mcbook.jpg

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『出社してから帰るまで ネイティブに伝わるビジネス英語700』『30秒英語プレゼン術 エレベーター・スピーチでビジネス英語のレベルが一気に上がる!』『打ち合わせから出張まで ネイティブに伝わるビジネス英語 ワンランクアップ編』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――あなたは残念な英語になっていませんか? ビジネス英語では、日常英会話よりもさらに、伝えたいことが正確に、はっきりと伝わることが大切です。

 でないと、思わぬ誤解から、仕事が失敗に終わったり大きな損失を出してしまったり、相手を怒らせてしまう可能性があるのです!

 しかし、実際のビジネスシーンでは「使ってはいけない表現」を使ったり、「誤解されやすい表現」を使ったり………。残念なビジネス英語が飛び交っています。そして、そのことに気付いていないのは話している本人だけだったりします。

 書籍では、使ってはいけない表現と、ネイティブに「ちゃんと伝わる」表現を紹介しています。


 日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」。今回からはエレベーターに乗っている短時間で相手の心をつかめる英語表現の文例を紹介していきます。

 →連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」バックナンバーはこちら

初対面の人に自分をアピールする

セミナー講師にアピール

  • My name is Miki, and I work for the HR department of a software company.

 株式会社タカオの真田と申します。

  • I'd like to introduce your model to my company.

 先生の話をセミナー以外で聞けますか?

  • Is there a way to learn more about it, besides the seminar?

 あれば、ぜひ紹介してください。

セイン先生からのアドバイス

(1)自己紹介もファーストネームで。また、会社名を告げるよりも業種や職種などを告げるほうがよいでしょう。

(2)Can I hear what you have to say anywhere besides the seminar? と質問すると、外国人講師はWhy?「なぜ?」と聞いてくるはずです。その前に理由を告げましょう。

(3)理由を告げた後に「セミナー以外でもっと学べる方法はありますか?」と尋ねれば、スムーズに相手に伝わります。


パーティー会場でアピール

  • Hi, we worked together on the ABC project. I’m Suzuki.

 ABC社のプロジェクトではご一緒でしたね。

  • There’s a new design project and maybe we can work on it together.

 設計を担当させていただいた者です。

  • Do you have time to talk about it over lunch this week?

 今度、どこかでランチでもいかがですか。

セイン先生からのアドバイス

(1)過去の話であれば、I'm Suzuki.「鈴木です」のように自分の名前をすぐに述べましょう。万が一相手が名前を忘れている場合、恥をかかせないで済みます。

(2)ビジネスシーンなら、昔話をするよりも、相手を動かす話をしましょう。「一緒に手掛けられそうな新しいデザインプロジェクトがあるんです」のように相手が乗ってくるような話題を提供するのもよいでしょう。

(3)漠然とランチに誘うのではなく、「この件についてランチでも食べながらお話する時間はありますか?」と具体的な目的を告げて誘うほうが相手は誘いに乗りやすいです。


banner
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ