コラム
» 2013年04月16日 14時44分 UPDATE

あなたは大丈夫? 「困った管理職」3つのタイプ

管理職の教育を行う筆者。企業の人事部が苦労しているなあと思う、「困った管理職」のタイプを3つ挙げる。

[今野誠一,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

今野誠一(いまの・せいいち)

マングローブ社長。設立以来15年、企業経営にあたりつつ、自らも第一線のコンサルタントとして、主に組織変革コンサルティング、経営幹部教育プログラムや管理職研修のファシリテーション、企業理念構築や経営ビジョン構築ワークショップのファイシリテーションなどを担当している。企業からはもちろん、昨今は自治体などからの要請による組織変革に関する講演も多い。著書に『マングローブが教えてくれた働き方』『稼ぐチームになるためのすぐやるリーダーの仕事術』がある。


 このごろ、管理職の教育の仕事が増えている。どちらの企業のことということでなしに、多くの企業の人事部の皆さんもご苦労されているなあと思うのは、3つの困ったタイプの管理職である。

「わが道を行く」人

 よく言えば、「わが道を行く」であるが、ややもすると独善的で、会社の特に人事に批判的かつ非協力的で、現場のことしか頭にないタイプの人。

 人事に対して「お前たちに現場の何が分かっているんだ」という態度であり、研修現場でも筆者のような外部の人間に対しても「よその人間に何が分る」と排他的な態度を取る。ときとして、その場の空気を支配し、他の参加者の障害になる場合もある。

「思考停止」の人

 非常に素直で、従順で、「言われたことは何でもやります」という態度であり、研修現場でも一所懸命に話を聞き、メモをびっしり取り、最も真面目な取り組み態度である。

 しかし、ディスカッションとなるとまったくダメで、ほとんど自分の意見がない。素直なだけで問題意識と目的意識を持って臨んでいないので、自分の頭で考えるモードがないのである。

そもそも「成長意欲をなくしている」人

 話を聞いていると、管理職になったことで目的達成が完了し、目の前の仕事をこなす(本来の役割を果たしているかどうかは別)だけになっており、貪欲さがまったく感じられない。

 研修プログラムを構築し、実施するにあたっては、この3つのタイプの人がいる前提で準備し心構えをしなければならない。

 研修プログラムの内容と、当日のファシリテートの仕方のみならず、本来は研修の告知の仕方、上長からの意識付け、人事からのリマインドの内容、必要によっては事前面談、あるいは事前課題の与え方、そして実施後のフォローに至るまで、計画的に行う配慮が必要だ。

 何ともいえず、もったいないと思わずにはいられないのであるが、筆者が最も困ると思うのは、3つ目の「成長意欲をなくしている」人である。自分が現状でヨシとして、成長意欲をなくしているのは自由といえば自由なのであるが、困るのはそれが周囲にも伝染する危険性があるということである。

 管理職になって「一丁上がり」とばかりに、目標をなくしてその日暮らしをされては周囲の人が迷惑であるし、成長を前提とした企業活動にとってもはなはだ困ることになる。(今野誠一)

 →今野誠一氏のバックナンバー

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集