連載
» 2013年04月16日 08時00分 UPDATE

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:地震は「ぢしん」じゃないの? (1/6)

あなたは漢字をうまく使い分けられていますか。例えば、地震の「地」は「ち」と読むのに、「じしん」と読むのはなぜでしょうか。今回は、漢字のいろいろな読み仮名について勉強していこう。

[卯月啓子, うだひろえ,Business Media 誠]

意外に知らないけっこう間違いやすい漢字:

book

 この連載は書籍『意外に知らないけっこう間違いやすい漢字』(アスコム)から抜粋、再編集したものです。

 みなさん漢字は好きですか? 「読めるけど書けない!」「正しく書けているか自信がない……」なんて人、実際多いのではないでしょうか。

 日常生活で当たり前のように使い、目にする漢字。日本人の私たちには、もはや欠かせないツールです。

 漢字とは、知れば知るほど面白いものです。意外なことに、日本人でもよく知らないことがたくさんあります。

 本書には、「玉子」と「卵」って別物? 「貴様」はなぜ失礼な意味になったのか? など、漢字の面白い話が満載! 私たちにとって密接な漢字を、楽に・楽しく・効果的に、ワクワクしながら学んでいきましょう。


著者プロフィール:

原案:卯月啓子(うづき・けいこ)

 国語教育研究会の常任講師。各地の現職教員の後進を指導している。元公立小学校教員。子どもが楽しみながら漢字、言葉、文学作品を学習し、1人1人の学力を伸ばす教育法を提唱している。
子ども漢字百景』(東洋館出版社)、『子どもの漢字力はお母さんが伸ばす』(小学館)など、漢字や国語に関わる著書を数多く出版。


漫画:うだひろえ

 法政大学文学部日本文学科卒。『夢追い夫婦』(メディアファクトリー)でデビュー。
2009年文化庁メディア芸術祭において「ラス☆チル〜昭和さいごのコドモ〜」が審査委員会推薦作品に選ばれる。20万部突破の『誰も教えてくれない お金の話』(サンクチュアリ出版)をはじめ、ベストセラーは多数。


地震は「ぢしん」じゃないの?

 ケイコ先生が担当する「楽漢学習」教室では、国籍や職業を問わず、いろいろな人が漢字を学んでいます。ある日の授業中、漢字の読み仮名について生徒から質問が出たのですが……。

ks_kanji01.jpg
banner
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ