ニュース
» 2013年04月09日 13時26分 UPDATE

「経済的にゆとりがある」という首都圏の女性は54.9%――お小遣いはいくら?

「自分は経済的にゆとりがある」と感じている人はどのくらいいるのだろうか。首都圏に住む20〜50代の女性に聞いた。第一生命経済研究所調べ。

[Business Media 誠]

 「自分は経済的にゆとりがある」と感じている人はどのくらいいるのだろうか。首都圏に住む20〜50代の女性に聞いたところ「ゆとりがある(かなり+ある程度)」と答えたのは54.9%であることが、第一生命経済研究所の調査で分かった。

 同研究所が2010年に行った調査で「ゆとりがある」と答えたのは50.5%だったので、この2年で4.4ポイントも増加した。ちなみに全国データ(2012年)では44.3%だったので、首都圏に住む人はゆとりを感じている人が多いことも明らかに。

yd_money2.jpg 経済的なゆとりはありますか? (クリックしてすべてを表示、出典:第一生命経済研究所)

1カ月のお小遣い額

 1カ月のお小遣いはどのくらいあるのだろうか。2010年の平均額は2万5700円だったのに対し、2012年は2万2600円と3100円も減少。ゆとり感がやや上向いているのにもかかわらず、実際のお小遣いは下がった。

 お小遣いの額を年代別にみると、20代が4万200円と飛びぬけて高い。特に子どものいない20代は4万7351円だった。「20代はそこそこの経済的ゆとりを感じながらも、『自分の生活レベルは高い』とは考えていないようだ。こうした20代が、30代・40代になって子どもを持つようになると、急に経済的にゆとりがないと感じるようになるのだろう」(第一生命経済研究所)

yd_money1.jpg お小遣いの額(出典:第一生命経済研究所)

 郵送による調査で、首都圏に住む20〜59歳の女性717人が回答した。調査期間は2012年9月26日から10月10日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集