ニュース
» 2013年03月28日 20時44分 UPDATE

サントリー天然水がリニューアル、国内最軽量の新開発ペットボトルを採用

サントリー天然水がリニューアル。2リットルボトルに続き、550mlボトルでも国内最軽量のペットボトルを採用している。5月7日から。

[Business Media 誠]

 サントリー食品インターナショナルは、サントリー天然水(「サントリー天然水(南アルプス)」「 同 (阿蘇)」「 同 (奥大山)」)をリニューアル。「サントリー 南アルプスの天然水」「 同 阿蘇の天然水」「 同 奥大山の天然水」として5月7日より全国で販売する。550ミリリットル入りが130円、2リットル入りが230円。

ay_mizu02.jpg 2リットルペットボトル
ay_mizu01.jpg 550ミリリットルペットボトル

 今回は、新開発のペットボトルを導入。2リットルボトルに続き、550ミリリットルでも国内最軽量※となった(11.3グラム)。軽量でも重さや揺れに強く、持ちやすい新デザインを採用している。素材となるペット樹脂の薄さを約10ミクロン薄くしていると共に、素材原料の30パーセントを植物由来にすることにより、原油由来樹脂の使用料を約1600トン、CO2排出量を約4200トン削減したという。

※500〜600mlの国産ミネラルウォーターを対象に調査。2013年3月26日現在

 サントリーのコーポレートメッセージは「水と生きる」。工場の水源涵養(かんよう)エリアを中心に、「サントリー『天然水の森』」として総面積約7600haのエリアで、森を育て、生物多様性を保全する活動を行っている。こうした自然への取り組みを伝えるため、550ミリリットルボトルでは、カワセミ、リス、テンなど天然水の森に生息する動物のイラストをデザインしたラベルを期間限定で採用している。

ay_mizu03.jpg 1995年の発売当時の500mlペットボトルが25グラムだったのに対し、現行の550mlボトルでは11.3グラムと、54.8%軽量化している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集