連載
» 2013年03月01日 08時00分 UPDATE

ネイティブに伝わるビジネス英語:アイデアをほめるときは「good」より「great」と言おう (1/2)

第12回は、企画立案時によく使われるフレーズです。

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」について

shk_mcbook.jpg

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『出社してから帰るまで ネイティブに伝わるビジネス英語700』『30秒英語プレゼン術 エレベーター・スピーチでビジネス英語のレベルが一気に上がる!』『打ち合わせから出張まで ネイティブに伝わるビジネス英語 ワンランクアップ編』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――あなたは残念な英語になっていませんか? ビジネス英語では、日常英会話よりもさらに、伝えたいことが正確に、はっきりと伝わることが大切です。

 でないと、思わぬ誤解から、仕事が失敗に終わったり大きな損失を出してしまったり、相手を怒らせてしまう可能性があるのです!

 しかし、実際のビジネスシーンでは「使ってはいけない表現」を使ったり、「誤解されやすい表現」を使ったり………。残念なビジネス英語が飛び交っています。そして、そのことに気付いていないのは話している本人だけだったりします。

 書籍では、使ってはいけない表現と、ネイティブに「ちゃんと伝わる」表現を紹介しています。


 日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」。第12回からはワンラックアップ編です。今回は企画立案時によく使われるフレーズを紹介します。会社での企画立案、交渉空いてへの企画立案などで使ってください。

 →連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」バックナンバーはこちら

チャプター12:企画編

 まずは、意味は似ていますがネイティブには伝わりにくい表現から。

すばらしいアイデアですね。

  • It's a great idea.
  • It's a good idea. ←ネイティブには伝わりにくい表現

 goodは「まあまあいい」に聞こえる場合があり、「とてもいい」というニュアンスではありません。こちらがよいとか悪いとか判断を下すよりもThis idea will boost sales.「このアイデアなら売り上げが伸びるでしょう」とか、I like this idea because it will save money.「お金が節約できるのでこのアイデアが好きです」など具体的にほめるのもいいでしょう。


あなたならできます。

  • I think you can do it.
  • Maybe it will be a success. ←ネイティブには伝わりにくい表現

 Maybe it will be……には言う人の思いが込められていません。単に客観的な予想を言っているニュアンスがあり、成功の可能性もあまり高くないように聞こえます。「あなたならできます」には、肯定的な思いが込められており、相手を励ますニュアンスもあります。


コラム:上から目線にご注意

 「それ、良いアイデア!」と言いたいとき、This is a good idea.と言ってしまうと、上から目線なヤツと感じられてしまう可能性が実はあります。具体的にどこがいいと思ったのか、ポイントを指摘して、さらに話を深められるようなコメントをしましょう。

 例えば、I think your idea could also save costs.「君のアイデアなら経費削減もできると思うよ」なんて言えば、気が利いています。

banner
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集