連載
» 2013年02月22日 08時00分 UPDATE

ネイティブに伝わるビジネス英語:How are you? と聞かれたらFineよりもPretty good (1/2)

第10回は、客先に訪問するときに使えるフレーズです。

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」について

shk_mcbook.jpg

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『出社してから帰るまで ネイティブに伝わるビジネス英語700』『30秒英語プレゼン術 エレベーター・スピーチでビジネス英語のレベルが一気に上がる!』『打ち合わせから出張まで ネイティブに伝わるビジネス英語 ワンランクアップ編』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――あなたは残念な英語になっていませんか? ビジネス英語では、日常英会話よりもさらに、伝えたいことが正確に、はっきりと伝わることが大切です。

 でないと、思わぬ誤解から、仕事が失敗に終わったり大きな損失を出してしまったり、相手を怒らせてしまう可能性があるのです!

 しかし、実際のビジネスシーンでは「使ってはいけない表現」を使ったり、「誤解されやすい表現」を使ったり………。残念なビジネス英語が飛び交っています。そして、そのことに気付いていないのは話している本人だけだったりします。

 書籍では、使ってはいけない表現と、ネイティブに「ちゃんと伝わる」表現を紹介しています。


 日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」。第10回は、客先を訪問する際に使えるフレーズを取り上げます。

 →連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」バックナンバーはこちら

チャプター10:来客を迎える編

 まずは、意味は似ていますがネイティブには伝わりにくい表現から。

お互いの考えを交換しましょう。

  • Let's exchange ideas.
  • Let's have an exchange of ideas. ←ネイティブには伝わりにくい表現

 英語表現では、英語の切れがいいものが好まれます。できるだけ動詞のダブる言い方は避けましょう。have an exchangeのように、わざわざhaveとexchangeという2つの動詞(実際にはexchangeは名詞化している)を用いるよりも、単純にexchangeと1つの動詞で表現する方が、動詞自身のにおいやインパクトのある、切れのいい言葉として響きます。


(How are you?と聞かれたら)元気ですよ。

  • Pretty good.
  • Fine, thank you. ←ネイティブには伝わりにくい表現

 Fine, thank you.はよく教科書などで扱われる表現ですが、これは実際の会話では、How are you?と同様にかしこまった響きがあります。フォーマルな場で初対面の人に対して使うのは問題ありませんが、毎日のように一緒に仕事をしている同僚へのあいさつとしては不適切ですね。

 普通の仕事の場面では、ほとんどの場合、堅苦しくするよりフレンドリーな態度で他人と接する方が人間関係はスムーズに行きます。Pretty good.「調子いいよ」といった気さくな言い方を多用することを心掛けましょう。他にもReally good.「すごくいいよ」、Not bad at all.「すごくいいよ」、couldn't be better.「最高だよ」といった返事なら、相手にあなたのフレンドリーな気持ちが伝わります。


コラム:家族の写真がいっぱい米国オフィス

 オフィスにはプライベートを持ち込まないのが日本の流儀なら、会社のオフィス机に家族や恋人、果てはペットの写真まで所狭しと並べているのは欧米流です。オフィスには不似合いな明るい笑顔のオンパレードに、日本人はなかなかコメントをしづらいようです。

 最近では、携帯の待ち受け画面に子供の写真を貼ったりするビジネスパーソンも増えているようですが、やはりオフィスとなれば話は違います。机の上に家族の写真を並べていれば、公私混同していると思われるかもしれません。

 しかし欧米では家族を愛するのもデキる男の証です。取引先のオフィスを尋ねたときに、せっかく飾ってある写真を無視する手はありません。自分の携帯の待ち受けの家族写真を見せたり、家族の話をするのもよいかもしれませんね。

banner
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集