連載
» 2013年02月15日 12時00分 UPDATE

ビジネスにもプライベートにも使えるWindows 8【前編】:Windows 8で何が変わったのか? 初心者の疑問をひも解く (1/2)

2012年10月に米Microsoftが出荷を開始した新OS「Windows 8」。特徴や既存OSとの違いについてまとめた。

[笠原一輝,Business Media 誠]
shk_w800.jpg 発売日に開催した記念記者会見には各PCメーカーも参加し、テープカットなどを行った

 2012年10月に米Microsoftが出荷を開始した「Windows 8」(以下、「8」)は、2009年に出た「Windows 7」(以下、「7」)に次ぐWindowsの最新OSだ。最大の特徴は、1995年に出荷を開始した「Windows 95」以来となる、ユーザーインタフェースの大変革を図っていること。“Modern UI(モダンユーアイ)”と呼ぶ新しいユーザーインタフェースを採用した。

 Modern UIは、米Appleが提供するiOS端末と同じように、タッチ操作に最適化したユーザーインタフェースとなっている。タッチパネルと組み合わせて利用することで、これまでWindowsを触ったことがない初心者ユーザーも簡単に操作ができる。

 また従来のWindowsユーザーが慣れ親しんだユーザーインタフェース“Windowsデスクトップ(以下、デスクトップ)”も用意している。Modern UIから、デスクトップをアプリケーションの1つとして呼び出して利用できるのだ。

 このように「8」では、タッチで操作できるユーザーインタフェースと、従来のWindows PCで一般的だったキーボードやマウスを利用して操作するインタフェースの2つの顔を持っており、用途に合わせて使い分けられるメリットがある。

 本記事では2回に分けて、そうした「8」の魅力、そして徐々に登場しつつある「8」を搭載したタブレットの魅力について紹介していきたい。

Modern UIとデスクトップ、2つの顔を持つ「8」

 「8」は、スタート画面からして従来の「7」までとは大きく異なっている。「7」までは、多くのユーザーが一度は体験したことがあるだろう“スタートボタン”から始まるユーザーインタフェースを採用していた。このスタートボタンは、Windows 95で初めて導入したもので、ボタンの形が変わったなどの変遷はあったものの、基本的な構造は17年に渡って継続してきた。

shk_w801.jpg 「7」のスタートボタン

 しかし、「8」で導入した新しいスタートメニューは、「タイル」と呼ぶ大きめのアイコンから構成している。これがModern UIの特徴ともいえる点で、従来のスタートボタンから始まるメニュー構造とは大きく異なっている。

shk_w802.jpg 「8」で搭載した新しいユーザーインタフェース「Modern UI」。大きめのタイル型のアイコンが並んでおり、タッチ操作に最適化している

 例えば従来のスタートメニューでは、PCを終了するときにスタートボタンを押してメニューを出し、そこから「シャットダウン」を選ぶ手順になっていた。それがModern UIでは、画面の左端からスワイプ(スクリーンに指をおいて横ないしは縦に滑らせること)するか、キーボードでWindows+Cを押すと表示する“チャーム”と呼ぶメニューを呼び、「設定」を選び、その中にある「電源メニュー」から「シャットダウン」を選ぶとPCを終了できる。


shk_w803.jpgshk_w804.jpg 「8」では、チャームと呼ぶ操作バーを出すことでさまざまな操作ができる。シャットダウンもそこから行う

 このようにModern UIは、タッチ操作に最適化したユーザーインタフェースであり、Modern UI上のすべての操作はタッチだけで完結するように作り込んでいる。Modern UI上で利用するアプリケーション(ソフトウェア)は、「Windows ストア」と呼ぶサイトからダウンロードして利用できるが、そうしたアプリケーションのインストールもすべてタッチ操作でできるのだ。

 Microsoftがこのような新しいユーザーインタフェースを追加した理由は、AppleのiOSやGoogleのAndroidなどがタッチ操作に最適化したユーザーインタフェースを採用し、市民権を得たことに対抗するためだ。従来のユーザーインタフェースは、キーボードやマウスで操作したときには非常に使いやすいが、タッチで操作するには最適ではなかった。

 これまでもMicrosoftは何度かWindowsにタッチの機能を実装しようと取り組みを続けてきたが、いずれも失敗している。その理由が従来のユーザーインタフェースにタッチ機能を追加するという“屋上屋を架す(おくじょうおくをかす:屋根の上にさらに屋根をかけること)”やり方にあったと、今回気が付いたのだ。このため、Microsoftはユーザーインタフェースを完全に一新し、Modern UIを導入。「8」を起動するとこの新しいModern UIが立ち上がる仕組みをとった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ