コラム
» 2013年02月14日 08時00分 UPDATE

相場英雄の時事日想:PC遠隔操作事件の“実態解明”は? メディアが忘れた大事なこと (1/3)

PC遠隔操作事件を巡って、警視庁などの合同捜査本部が、都内の会社員を逮捕した。犯人逮捕時にはマスコミがこぞって捜査陣の動きを詳細に伝えたが、肝心の点が抜けていたのではないだろうか。それは……。

[相場英雄,Business Media 誠]

相場英雄(あいば・ひでお)氏のプロフィール

1967年新潟県生まれ。1989年時事通信社入社、経済速報メディアの編集に携わったあと、1995年から日銀金融記者クラブで外為、金利、デリバティブ問題などを担当。その後兜記者クラブで外資系金融機関、株式市況を担当。2005年、『デフォルト(債務不履行)』(角川文庫)で第2回ダイヤモンド経済小説大賞を受賞、作家デビュー。2006年末に同社退社、執筆活動に。著書に『震える牛』(小学館)、『偽計 みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎』(双葉社)、『鋼の綻び』(徳間書店)、『血の轍』(幻冬舎)などのほか、漫画原作『フラグマン』(小学館ビッグコミックオリジナル増刊)連載。ブログ:「相場英雄の酩酊日記」、Twitterアカウント:@aibahideo


 PCの遠隔操作事件に絡み、警視庁などの合同捜査本部は2月10日、都内の会社員を逮捕した。言うまでもなく、この事件では4人が誤認逮捕され、かつ真犯人を名乗る人物がマスコミを誘導する“劇場型犯罪”の様相を呈した。

 連休中の犯人逮捕時には、主要マスコミがこぞって捜査陣の動きを詳細に伝えた。だが、肝心の点が抜けていたのではないだろうか。それは「犯人がどうやって遠隔操作を行ったのか」という詳細な手法だ。

遠隔操作事件

yd_pc1.jpg PC遠隔操作事件に絡み、警視庁などの合同捜査本部は都内の会社員を逮捕。犯人逮捕時、メディアはこぞって詳細を伝えたが、肝心な点が抜けていたのでは!?(写真と本文は関係ありません)

 PCの遠隔操作事件について、簡単に振り返っておこう。

 インターネットの掲示板などを経由し、他人のPCにウイルスを埋め込み、これを自由に操って脅迫メールや殺人予告などを行ったとして、昨年までに4人が偽計業務妨害などで警察に逮捕され、地検も起訴した。

 しかしその後、一連の遠隔操作は自分が手がけたものとして、真犯人を名乗る人物が東京の弁護士やマスコミにメールで犯行声明を送りつけたことで、事件は真逆の方向に走り出した。私自身このメールを読んだが、犯人しか知り得ない事実、いわゆる「秘密の暴露」が多数含まれていた。心証は限りなくクロに近いものだったことを鮮明に記憶している。

 警視庁のほか、神奈川県警、大阪府警、三重県警が調べ直した結果、誤認逮捕が判明。地検が異例の起訴取り消し処分を発表するなど、サイバー犯罪を巡るずさんな捜査態勢があらわになった。

 今年1月になると、事件は新たな局面に入る。真犯人を名乗る人物が再度報道機関にメールを送付。この中では、神奈川県江ノ島の猫に“証拠”となる記憶媒体を取り付けた首輪を着けたことを明かした。

 警視庁と他の県警からなる合同捜査本部が調べたところ、メールの通りに実際に首輪からSDカードが発見された。

 再度の犯行メールから約1カ月後、東京江東区に住む30歳の男性が割り出され、威力業務妨害容疑で逮捕された。この男性は、かつてインターネット関連の犯罪で逮捕歴があった。一連の犯行の動機として、自分の人生を大きく変えてしまった警察、検察当局への恨みがあったとされる。主要メディアの報道によれば、逮捕された男性は容疑事実を否認しているという。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -