調査リポート
» 2013年02月06日 14時51分 UPDATE

就活で利用するSNS、FacebookがTwitterを上回る

若者を中心に多くの人が活用するSNS。就活生でも、ほぼ半数が利用しているようだ。電通パブリックリレーションズ調べ。

[Business Media 誠]

 若者を中心に多くの人が活用するSNS。就職活動の現場では、どのように利用されているのだろうか。

 電通パブリックリレーションズの調査によると、就職活動をしている大学3年生に「就職活動をする上でSNSを利用していますか?」と尋ねたところ、「利用している」が45.3%とほぼ半数に達していた。

 利用しているSNSのトップはFacebook(30.3%)で、2位はTwitter(22.7%)。前年調査ではTwitter(34.3%)がトップでFacebook(31.7%)が2位だったが、順位が逆転した。また、前年3位だったmixiが4位になっており、代わりにLINEが3位にランクインしている。

 「SNSの普及において、Facebookの利用者数が2012年にTwitterの利用者数を上回ったことが原因と考えられるが、学生や企業にとって、実名登録であるFacebookが、エンゲージメントを高めやすいメディアであることも1つの理由と推測できる」(電通パブリックリレーションズ)。

ah_den1.jpg 利用しているSNS(出典:電通パブリックリレーションズ)

5人に1人が就活専用のSNSを作成

 「就職活動でSNSを利用している目的」を聞くと、最も多かったのは「企業の雰囲気や風土を具体的に知ることができるから」で36.0%。以下、「少しでも企業の情報が欲しいから」が33.1%、「エントリーシートや面接のヒントを得るため」が19.1%、「知名度の低い企業の情報を知ることができるから」が17.0%で続いた。

 情報収集に意欲的な様子がうかがえるが、中には「みんながやっているから」(15.4%)や「大学やOB/OGなど他の人にやった方がいいと言われたから」(5.1%)といった消極的な回答もあった。

ah_den2.jpg 就職活動でSNSを利用している目的(クリックで拡大、出典:電通パブリックリレーションズ)

 「就職活動でSNSを利用する中で困っていること」では、「不用意な発言をしてしまうのではないかと不安だ」が14.7%でトップ。以下、「就職活動目的で作ったわけではなかったのに、就職活動で利用したために、プライベート情報などを気軽に書き込めなくなった」が10.3%、「文章がうまく書けない」「実際に企業担当者やOB/OGに会ってみたら、SNS上の印象とまったく違った」がそれぞれ8.1%で続いた。男女別に見ると、女性の方が各項目で割合が高くなっていた。

 また、さまざまな不都合があるためか、「就職活動専用のSNSアカウントを作っている」という人も22.8%いるようだ。

 インターネットによる調査で、対象は就職活動をしている大学3年生。調査期間は2012年12月28日から2013年1月16日。

ah_den3.jpg 就職活動でSNSを利用する中で困っていること(クリックで拡大、出典:電通パブリックリレーションズ)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集