連載
» 2013年02月06日 08時00分 UPDATE

ネイティブに伝わるビジネス英語:I'mを、あえてI amにすると腹を立てているように聞こえる (1/2)

第5回は、食事の誘いなど、人と交流をする際に使うフレーズを紹介します。

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」について

shk_mcbook.jpg

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『出社してから帰るまで ネイティブに伝わるビジネス英語700』『30秒英語プレゼン術 エレベーター・スピーチでビジネス英語のレベルが一気に上がる!』『打ち合わせから出張まで ネイティブに伝わるビジネス英語 ワンランクアップ編』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――あなたは残念な英語になっていませんか? ビジネス英語では、日常英会話よりもさらに、伝えたいことが正確に、はっきりと伝わることが大切です。

 でないと、思わぬ誤解から、仕事が失敗に終わったり大きな損失を出してしまったり、相手を怒らせてしまう可能性があるのです!

 しかし、実際のビジネスシーンでは「使ってはいけない表現」を使ったり、「誤解されやすい表現」を使ったり………。残念なビジネス英語が飛び交っています。そして、そのことに気付いていないのは話している本人だけだったりします。

 書籍では、使ってはいけない表現と、ネイティブに「ちゃんと伝わる」表現を紹介しています。


 日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」。第5回は、食事の誘いなど、人と交流をする際に使うフレーズを紹介します。

 →連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」バックナンバーはこちら

チャプター5:交流編

 まずは、意味は似ていますがネイティブには伝わりにくい表現から。

(相手のスケジュールを確認したいとき)誰かに入力してもらわないとならないんだけど、時間はありますか?

  • I need someone to enter this data. Are you free?
  • Are you free? ←ネイティブには伝わりにくい表現

 人のスケジュールを確認する場合、いきなりAre you free?(今、暇?)と聞くのはマナー違反。相手のスケジュールを確認しなければならない理由を先に言ってから、予定を尋ねましょう。

 Are you free? のように質問されても、どう答えたらよいのか迷ってしまいます。先に理由を言えば、相手もそれに応じて自分の予定を告げられます。また、Do you have any plans for tonight?と言えば「今夜、予定はありますか?」。明日のことを聞きたいときには、Do you have any plans for tomorrow?となります。


(誘いを断るとき)私は興味がありません。

  • I'm not interested.
  • I am not interested. ←ネイティブには伝わりにくい表現

 amという単語は、場合によっては反抗的な感じがします。日本の学校教育では、I amとI'mは基本的に同じ意味になると教わるのですが、実はそうでもないのです。実際には、I amと2語で表現すると、強く自己主張しているように聞こえ、I'mと短縮形で用いると落ち着いた普通の表現に聞こえます。

 ですから、I am not interested.という文も、「反抗的」な感じが強く、誰かに向って腹を立てながら、「俺はそんなことに興味なんてないからな」と話しているように響くのです。逆に、自分を強く主張したいときや、実際に腹を立てていることを表現しようとするのならば、I amという2語の形を使用するのもひとつの方法であると言えます。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ