連載
» 2013年01月25日 08時00分 UPDATE

ネイティブに伝わるビジネス英語:具体例を聞くとき、What do you mean? は伝わりにくい (1/2)

今回は上司と部下のコミュニケーション編。人に何かを依頼するときの状況はさまざまですが、あまり丁寧な表現は逆に場違いで不自然な感じがします。そんなときは、気軽に「Can you〜?」で依頼してみましょう。

[デイビッド・セイン,Business Media 誠]

集中連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」について

shk_mcbook.jpg

 本連載は、日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさん執筆の書籍『出社してから帰るまで ネイティブに伝わるビジネス英語700』『30秒英語プレゼン術 エレベーター・スピーチでビジネス英語のレベルが一気に上がる!』『打ち合わせから出張まで ネイティブに伝わるビジネス英語 ワンランクアップ編』(アスコム刊)から一部抜粋しています。

 ――あなたは残念な英語になっていませんか? ビジネス英語では、日常英会話よりもさらに、伝えたいことが正確に、はっきりと伝わることが大切です。

 でないと、思わぬ誤解から、仕事が失敗に終わったり大きな損失を出してしまったり、相手を怒らせてしまう可能性があるのです!

 しかし、実際のビジネスシーンでは「使ってはいけない表現」を使ったり、「誤解されやすい表現」を使ったり………。残念なビジネス英語が飛び交っています。そして、そのことに気付いていないのは話している本人だけだったりします。

 書籍では、使ってはいけない表現と、ネイティブに「ちゃんと伝わる」表現を紹介しています。


 日本人の英語を知りつくしたベストセラー英語教師、デイビッド・セインさんによる連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」。第2回は、上司と部下のコミュニケーション編です。

 上司に助力を申し出るときや、それに対する上司の返事、また部下に指示をあおるときのフレーズを取り上げます。

 →連載「ネイティブに伝わるビジネス英語」バックナンバーはこちら

チャプター2:上司と部下のコミュニケーション編

 まずは、意味は似ていますがネイティブには伝わりにくい表現から。

具体的に言うと?

  • Specifically?
  • What do you mean? ←ネイティブには伝わりにくい表現

 「それはどういう意味ですか?」のつもりでWhat do you mean? と言うと、「それってどういう意味?」「というのは?」という怒りの表現になってしまいます。もう少し具体的に説明をしてほしいときは、Specifically?(具体的に言うと?)やLike what?(例えば?)、Tell me more.(詳しく教えてください)のように言うとよいでしょう。

 もちろん、語尾を上げるのを忘れずに。言葉の意味を尋ねるときはWhat do you mean by quota?(quotaとはどういう意味ですか?)のように、by〜で具体的に聞きたいことを言いましょう。


どうお考えですか?

  • What do you think about this?
  • What's your opinion? ←ネイティブには伝わりにくい表現

 日本人がopinionという言葉に持つイメージと、ネイティブが持つイメージは少々異なります。日本人は「しっかりとした意見」というイメージを持ち、ネイティブは「思い付きの意見」「あまり固執していない意見」というイメージを持ちます。

 そのためWhat's your opinion? と聞かれると、ネイティブは実は自分の意見が最初から、それほど重要ではないと言われているようで、何となく抵抗を感じるものです。This is my opinion.は、自分の意見を堂々と述べるよりも、「ちょっと意見を申し上げますが」のニュアンスで、自分の意見に対してウソであることが感じられます。


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集