ニュース
» 2013年01月24日 19時29分 UPDATE

電子書籍ランキング:東京都知事の「解決する力」は、日本が抱える問題を解決できるか?!

1月23日に放送した番組『ビジネステレビ誠』はご覧になりましたか? 番組の中で発表した2012年12月度のhontoのランキングデータを、本記事でも紹介します。今売れ筋の電子書籍をチェックしましょう!

[Business Media 誠]

 「ビジネステレビ誠」では、電子書籍の売上ランキングを毎回発表しています。2012年12月の「経済・ビジネス」と「小説・文学」のジャンルから、上位5冊(honto調べ)を先日の放送で発表しましたが記事でも紹介しましょう。

 前月の11月の人気ランキングのトップは、「経済・ビジネス」部門が柳井正氏の『現実を視よ』、「小説・文学」部門では貴志祐介氏の『新世界より』でした。12月はどの本に人気が集まったのでしょうか。


経済・ビジネス


ks_ikegami190.jpg

 経済とビジネスのジャンルで1位を獲得したのは、『経済のしくみをカラー図解で読み解く!池上彰の経済のニュースが面白いほどわかる本』でした。もともとは文庫で発売されていたものですが、その内容に図と写真を加えて再構成した書籍です。

 NHKのニュース番組「週刊子どもニュース」の初代お父さん役だった池上氏は、複雑で分かりにくいニュースを平易な言葉で説明することで、子どもだけでなく幅広い年齢層に受け入れられていました。最近では、テレビの選挙速報などの特番でも見かけることがあります。この本では、経済、株、金融などに関することを33のトピックに分けて、図やグラフなどを交えて分かりやすく解説しています。押さえておくべき項目はほぼ網羅してあるので、世の中で起きていることが理解できるようになるでしょう。経済についての入門書的な位置付けなので、これから社会人になる人など、経済に関する基本的なことを知りたい人向けの1冊です。

 そのほかの注目タイトルは、4位の『解決する力』。先日、東京都知事に就任した猪瀬氏ですが、本書はまだ副知事だったころ(2012年11月)に発売した本です。誠本誌でも、当時の東京の危機管理に関する講演の様子を掲載していました(参考記事:「エリアごとに生き残れることが大事――猪瀬副知事が目指す、東京の危機管理」)。尖閣諸島購入問題、東京電力とのバトル、オリンピック招致などなど、難題を乗り越えるリーダーの物の見方や考え方が詰まった1冊です。

 ランキングの動きとしては、前回1位だった柳井正氏の『現実を視よ』は、3位にランクダウン。以前にも紹介した『読書の技法』(佐藤優著)が、2位に再びランクインという結果になりました。


小説・文学

 続いて、小説・文学のランキングです。


ks_mitio190.jpg

 小説・文学のジャンルでは、『カラスの親指 by rule of CROW's thumb』(道尾秀介著)が1位を獲得。本書は2008年の作品ですが、2012年に阿部寛主演の映画『カラスの親指』が公開されたことで人気を集めました。

 そのほかのランキングでは、前回1位だった『新世界より』(貴志祐介著)が3位にダウン。2位を除いて、2008年発売の4タイトルが占める結果となりました。

 2位の『64(ロクヨン)』(横山秀夫著)は2012年10月に発売されたばかりですが、『陰の季節』や『動機』、『半落ち』などの代表作で知られる横山氏の7年ぶりの新作ということで、注目されたようです。



 このランキングは、電子書籍や紙書籍の通販に加え、丸善やジュンク堂、文教堂などの提携書店が連動したハイブリッド総合書店「honto」の協力で作成しました。同書店は、購入した本を整理する本棚に加えて、提携書店での買い物で貯まるhontoポイントなど、本に関するさまざまなサービスを提供。電子書籍では文芸、ビジネス書、コミックや雑誌など、幅広いラインアップ。国内最大級の品ぞろえです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集