インタビュー
» 2013年01月23日 08時02分 UPDATE

仕事をしたら“ミドリムシ”が増えた(前編):ミドリムシが世界を救う? そんな時代がやって来るかもしれない (2/6)

[土肥義則,Business Media 誠]
yd_midori2.jpg ユーグレナの出雲充社長

出雲:ミドリムシはその辺の田んぼ、池、水溜りにいて、100種類ほどいることが分かりました。私たちは毎日、日本中のいろんなところから水をくんできて、ミドリムシをつかまえてきているんですよ。いわば“ミドリムシのオーディション”を行っている会社ですね。

土肥:ミドリムシをオーディションしている?

出雲:つかまえたミドリムシを見て「こいつはすごいビタミンを持っているな」「こいつは栄養素はスカスカだけど、水をキレイにさせたら天下一品だな」「こいつは空気中の二酸化炭素を光合成して、酸素にしてくれる能力は一番」といった感じで、分析しています。とにかくいろいろなミドリムシがいるので、私たちはオーディションをして、その個性を見極めなければいけません。

土肥:ユーグレナは現在、沖縄の石垣島でミドリムシを大量培養されています。そこでは、いろいろなキャラを増やされているのでしょうか?

出雲:いえ。59種類の栄養素を作るミドリムシだけです。選抜されたセンターのミドリムシ……AKB48で言えば、前田敦子さんや大島優子さんのようなイメージですね。

土肥:ハハハ。

出雲:“センターのミドリムシ”を石垣島のプールに連れて行って、そこで増やしています。そしてクッキーにしたり、ラーメンにしたり、緑汁にしたり、サプリメントにしたり。収穫して、いろいろな食べ物に使っていますね。

土肥:同じキャラでも「こいつは元気があるなあ」とか「こいつは優しいなあ」といった性格のようなものはあるのでしょうか?

出雲:同じ遺伝情報を持った同一の個体なので、厳密に言えば個体差はありません。ただ光をたくさん浴びているモノは元気があったり、日陰で育ったモノはあまり元気がなかったり……こうした差はありますね。

土肥:個人的に、このキャラは好きだなあとかってありますか?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集